川に流した灯籠600個燃える 「加賀友禅灯ろう流し」 金沢 - 産経ニュース

川に流した灯籠600個燃える 「加賀友禅灯ろう流し」 金沢

 金沢市で開催中の「百万石まつり」のイベントとして1日夜に行われた「加賀友禅灯ろう流し」で、浅野川に流した灯籠約1200個のうち約600個が、終着地点の橋付近で次々と燃えた。周辺に見物客が多数いたが、すぐに鎮火し、けが人はなかった。
 金沢東署によると、午後7時ごろに現場の約500メートル上流から灯籠を流し始め、約2時間後、終着地点の浅野川大橋付近で燃えた。灯籠は木枠に和紙を張った作りで、ろうそくの火が、集まっていた灯籠に次々燃え移ったとみられる。
 近くには金沢市を代表する観光地「ひがし茶屋街」などがあり、主催者によると例年約4万5千人が訪れる。