【衝撃事件の核心】混迷深める「3つの山口組」…来年秋にはキーマン出所 - 産経ニュース

【衝撃事件の核心】混迷深める「3つの山口組」…来年秋にはキーマン出所

 指定暴力団神戸山口組に“反旗”を翻した勢力による「任侠(にんきょう)山口組」の電撃結成から4月30日で丸1年が過ぎた。山口組を名乗る3組織の中で組織が最も小さく、「長くはもたない」というのが関係者の大方の見方だったが、その予想を裏切る形で存在感を増し、警察当局は今年3月、独立した指定暴力団と認めた。潤沢な資金力を武器に、「国内最強」とうたわれた山口組で起こるドミノ式の組織分裂。最初の騒動から2年半以上が過ぎた今も組織間のトラブルは絶えず、対立の溝が狭まる気配はない。そんな中、ある人物の出所が分裂騒動の行方のカギを握るとの見方も出ている。
3組織並存の異常事態
 3月26日午前、任侠山口組の本拠と認定されている傘下組織「真鍋組」事務所(兵庫県尼崎市)に、福岡県警の捜査員ら数十人が家宅捜索に入った。ヘルメットを着用し盾を持った完全防備の機動隊も事務所前に整列。捜索は約45分後にトラブルもなく終了したが、報道機関の記者も集結し現場は一時ものものしい雰囲気に包まれた。
 4日前の22日には兵庫県公安委員会が、六代目山口組、神戸山口組に続き山口組を名乗る組織としては3番目の指定暴力団に指定したばかり。捜索理由は組幹部が起こした恐喝事件の解明のためだった。
 かつて一枚岩を誇った山口組に亀裂が入ったのは約2年半前の平成27年8月だった。六代目山口組の篠田建市(通称・司忍)組長(76)の出身母体である「弘道会」(名古屋市中村区)主導の組織運営や高額な上納金(会費)に反発した幹部らが神戸山口組を結成。さらに昨年4月30日には、神戸山口組の井上邦雄組長(69)に反発した組内部の勢力が「任侠団体山口組」(昨年8月に任侠山口組と改称)を組織し、山口組を名乗る指定暴力団が3組織並存するという異常事態に発展した。
“脱暴力団”路線の放棄
 任侠山口組トップの代表には、神戸山口組の金禎紀(通称・織田絆誠(よしのり))若頭代行(51)が就任。組の中核組織「山健組」(神戸市中央区)傘下の組長のうち約3分の1が追随し、神戸山口組の直系組織からも「古川組」の一部幹部や「真鍋組」組長が加わった。
 任侠山口組は当初、従来の暴力団組織と一線を画することを標榜(ひょうぼう)した。新組織結成や組の代替わりの際の重要儀式とされる「盃事(さかずきごと)」を行わず、組員同士が疑似的な血縁関係を結んで親子や兄弟となることを避けた。組側は「上意下達ではなく、皆が平等で支え合う組織となる」とも公言。組内部からは「“脱暴力団”を目指す」との考えも飛び出したが、ある兵庫県警の捜査幹部はこうした組側の主張を「詭弁(きべん)」と切り捨てる。
 「任侠山口組は数カ月で消滅するとの見方もあったが、織田(代表)のカリスマ性が浸透し勢力を拡大したのは事実だ。だが、組織の実態は従来の暴力団と同じ。何を言おうと任侠山口組は暴力団だ」
 組側は今年3月、代表に次ぐナンバー2のポストとして、他の暴力団組織と同様に「若頭」を設置し傘下の真鍋組の池田幸治組長(51)が就任。暴力団関係者によると、組結成1年となった同4月以降は、組幹部が集まる定例会を毎月開催から隔月開催とし、直系組長の毎月の会費額を10万円から5万円に半減するなど傘下組織の負担軽減を図ったが、定例会や会費など他団体も導入する暴力団独自の組織運営ルールそのものは存続させている。
「裏切り」の真相
 織田代表はもともと、神戸山口組の井上組長の「右腕」と目されていた。40代の若さで山健組の副組長に起用され、上部組織の神戸山口組では若頭代行として組の指導的な役割を担った。
 なぜ、織田代表は神戸山口組を離れて任侠山口組を結成し“裏切り者”となる道を選んだのか。ある暴力団関係者は、別の山健組幹部との内部対立が背景にあると説明する。
 「28年9月にJR新神戸駅で神戸山口組系組員約20人が六代目山口組の篠田組長に『サイン下さい』と一斉に迫ったことがあった。篠田組長に対する示威が目的だが、主導したのは織田(代表)のライバルともいえる山健組幹部だったとされている。組上層部で『織田外し』が起きていた」
 織田代表は任侠山口組結成から約5カ月後の昨年9月12日、神戸市長田区の自宅付近を車で移動中に山健組系組員、菱川龍己容疑者(42)=殺人容疑などで指名手配=ら複数人に襲撃され、警護役の男性=当時(44)=が拳銃で射殺された。
 菱川容疑者ら実行犯の足取りは不明のままだが、県警は神戸山口組による組織的な犯行の可能性もあるとみて、事件の解明を進めている。
厳しい規制の枠に
 織田代表に対する襲撃事件は、任侠山口組を指定暴力団と認定する上で大きな転換点となった。
 警察当局は当初、任侠山口組の結成を「神戸山口組の内部対立」とし、任侠山口組系組員をあえて、神戸山口組の傘下組員と扱ってきた。ただちに独立勢力と認定すれば、神戸山口組に対する指定暴力団の規制の枠から外れてしまうことが大きな理由だったが、襲撃事件の実行犯が神戸山口組系組員であることが明らかとなり、「もはや任侠を神戸の傘下とみなすことは困難」と判断。水面下で準備を進め、兵庫県公安委が今年3月22日に全国23団体目の指定暴力団に指定した。
 指定暴力団は暴力団対策法に基づく暴力団組織。傘下組員による飲食店へのみかじめ料要求を警察当局が止めさせることができるなど、対象組織は強い規制のもとに置かれる。
 また、組事務所が地域住民の安全を脅かす存在となっている場合には、都道府県の外郭団体が住民に代わり、組事務所の使用禁止を求める代理訴訟を裁判所に起こすことも可能だ。県警幹部は「任侠山口組に対する犯罪の抑止力はこれまで以上に大きくなるだろう」としている。
分裂騒動のキーマン…来年秋に「出所」
 山口組3組織の力を構成員数で比較すると、最も歴史が浅い任侠山口組が約460人(今年2月1日時点)で、神戸山口組は約2千人(同)。これに対し、六代目山口組は約4700人(昨年末時点)と離脱した2組織を上回り、全国最大の指定暴力団としての地位も揺らぐ気配がない。
 六代目山口組は分裂騒動後、いったん組を裏切った組織の組員であっても「絶縁」や「破門」などの処分を受けた組長ら以外は、復帰を認めているとされる。こうした切り崩し工作により、神戸山口組の3次団体で大阪・ミナミの繁華街における有力組織だった「兼一会」(大阪市中央区)が、今年2月ごろに六代目山口組の傘下へ移籍した。警察関係者は「任侠と神戸の対立を横目に、六代目が着実に勢力を伸ばしている」と語る。
 そして、2年半以上続く分裂騒動のキーマンとされるのが、六代目山口組ナンバー2の若頭で、恐喝事件で服役中の高山清司受刑者(70)=懲役6年の実刑=だ。
 高山受刑者は、六代目山口組の主流派「弘道会」の出身。大型の公共事業などに浸透して利益を上げ、弘道会を2次団体としては最大規模の組織に成長させた。
 また、分裂前の山口組内部で、神戸山口組の母体となる山健組や「宅見組」(大阪市中央区)など“老舗組織”の相対的な地位を低下させることに成功。篠田組長が銃刀法違反罪で23年4月まで約6年にわたり収監された際には、弘道会が山口組を完全掌握する「名古屋支配」を推し進め、盤石の権力基盤を作り上げた。
 そんな人物の出所を秋に控える。暴力団関係者の間では「六代目が本格的な攻勢に出て一気に神戸と任侠を潰すのではないか」「六代目の主導で3組織の和解が進むに違いない」など、さまざまな憶測が飛び交う。
 警察当局は3組織間の抗争を何よりも警戒する。
 ある捜査関係者は「高山受刑者の出所が組織間の情勢に影響を与える可能性もある。市民に被害が及ばないよう、取り締まりを強化する」と語気を強めた。