「仁義なき戦い」の熱さをもう一度 東映が久々に仕掛ける任侠映画「孤狼の血」(下)

銀幕裏の声
撮影現場で役所(右)と打ち合わせする白石監督 (C)2018「孤狼の血」製作委員会

 東映が久々に仕掛ける本格任侠(にんきょう)映画「孤狼の血」が5月12日から公開される。舞台は昭和63年の広島県呉原市(呉市がモデル)。暴力団抗争に巻き込まれていくベテラン刑事を役所広司、新米刑事を松坂桃李が演じ、メガホンを撮ったのは、硬派なノワール作品(犯罪映画)を得意とする白石和彌監督。「仁義なき戦い」(48年)を凌駕(りょうが)しようという意欲に満ちあふれた力作だ。その舞台裏を追った。 (戸津井康之)

任侠邦画の復活

 「仁義なき戦い」シリーズに代表される東映の任侠映画は、多くの映画ファンを熱狂させてきた。

 だが、東映プロデューサー陣が、「近年、“抗争劇”は当たらない」と語るように、実録ものなど硬派な男の世界を描くハードボイルド映画は次第に衰退。邦画界全体でも激減している。

 その現状について白石監督はこう心情を吐露した。「本来、日本が作っていなければいけない硬質なジャンルの映画を、この10~20年、撮り続けてきたのが韓国映画界です。なぜ、日本では撮れないのか? 日本の監督として本当に悔しかった」

 白石監督は、この考えを「孤狼の血」の製作チームに伝え、話し合い、クランクイン前、役所たち俳優にも、韓国映画の傑作といわれるいくつかのハードボイルド作品のDVDを渡し、「役作りの参考として見てもらいました」と言う。

 そして、白石監督が最も強く意識したのは日本の任侠映画の金字塔「仁義なき戦い」だった。

呉ロケへのこだわり

 脚本の準備のためのシナハン(シナリオ・ハンティング)で、「孤狼の血」の原作小説の舞台となった呉市を訪れた白石監督はこう決意した。

 「アーケード街など昭和63年の雰囲気がまだぎりぎり残っている、この空気感を大切にしたい…。映画は呉市ですべて撮ろう」と。

 広島県での暴力団抗争をテーマにした「仁義なき戦い」は、実は広島では撮影は行われず、京都・太秦の東映撮影所などで行われている。

 「勝ち負けではないが、『仁義なき戦い』に戦いを挑むわけですから、“呉市でのロケ敢行”には強くこだわりましたよ」と白石監督は語った。

 その効果は絶大だった。

 例えば、今作では役所はじめ、キャストのセリフはほぼ全編、呉弁だ。役所は大上を演じる今回の役作りについて、「いかに呉弁を自然に話せるかが課題でした。呉弁が身体に染みこむまで覚えることで大上になれると思った」と語っている。

 「撮影現場では呉市の人たちがエキストラとして大勢、駆けつけてくれました。そこでは、みんな自然に呉弁を話しているのですから、間違いなく臨場感は違いますよね」と白石監督は満足げに笑った。

小説対映画

 原作者、柚月裕子さんは映画「仁義なき戦い」を見て、小説「孤虎の血」を書きたいという衝動に駆られた。

 そして映画化された「孤狼の血」を試写で見た後、「『仁義なき戦い』を見たときと同じ、いや、それ以上ともいえる衝撃を受けた」と明かしている。

 取材時、「孤虎の血」の続編を執筆中だった柚月さんに、「作家として映像に影響を受け、文章の中に反映されることはあるのか?」と聞くと、こんな興味深い答えが返ってきた。

 「正直、今まではそんなことはなかったです。しかし、白石監督の映画『孤狼の血』を見て、セリフの作り方、人物の表情、見せ場の作り方など、多くのことを学ばせてもらった。それらは小説の続編で反映させていますよ」と。

 そう語る小説「孤狼の血」の続編「凶犬の眼」(KADOKAWA)が、3月末に刊行された。

 こちらも映画化が今から楽しみだ。