神鋼、不動産子会社売却 740億円で株式75%

 

 神戸製鋼所は27日、100%子会社の神鋼不動産(神戸市)の株式を7月1日をめどに売却すると発表した。東京センチュリーが発行済み株式の70%、日本土地建物(東京)が5%を取得する。売却金額は約740億円。平成30年9月中間連結決算で特別利益として約300億円を計上する。

 神鋼不動産は、マンションや一戸建て住宅の賃貸や分譲などを手掛けている。東京センチュリーと日本土地建物と提携関係を結び、事業を強化するという。神戸製鋼はアルミニウム製品などのデータ改ざん問題で顧客離れが懸念される中、子会社売却に向けて入札を進めていた。