【動画】JR脱線13年、兵庫・尼崎で慰霊式 改めて誓う「安全最優先」 台車亀裂、問われる姿勢 - 産経ニュース

【動画】JR脱線13年、兵庫・尼崎で慰霊式 改めて誓う「安全最優先」 台車亀裂、問われる姿勢

脱線事故現場近くで黙祷する人たち=25日午前、兵庫県尼崎市(沢野貴信撮影)
 兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡し562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故は25日、発生から13年を迎えた。慰霊施設として整備が進む事故現場のマンションには献花台が設けられ、早朝から遺族や負傷者らが訪れて静かに手を合わせた。
 JR西日本をめぐっては昨年12月、新幹線のぞみの台車に破断寸前の亀裂が見つかり、異常を感じながら現場社員が約3時間にわたり運行を継続した問題が発覚。脱線事故で指摘された組織の安全意識が改めて問われる事態となっている。
 尼崎市の「あましんアルカイックホール」ではJR西主催の追悼慰霊式が行われ、事故発生時刻の午前9時18分には遺族を含む800人以上の参列者が黙(もく)祷(とう)をささげて犠牲者の冥福を祈った。
 慰霊式でJR西の来(き)島(じま)達夫社長は「組織全体で安全を確保する仕組みと安全最優先の風土を構築し、鉄道の安全を実現してまいります」と述べ、台車亀裂問題について「安全に対する信頼を大きく揺るがすものであり、申し訳ない思いでいっぱい」と陳謝した。その後、遺族ら2組が登壇し、犠牲者に歌と演奏をささげた。遺族代表による「慰霊のことば」は希望者がなく、4年連続で行われなかった。
 慰霊式に先立ち、来島社長らJR西幹部31人はこの日早朝、事故現場を訪れて献花した。
 電車が激突した9階建てマンションは保存工事が進んで4階建てになり、アーチ状の屋根が据え付けられた。
 事故現場周辺には犠牲者の名を刻む慰霊碑などを設置し今年夏ごろに整備を終える予定で、来年以降の追悼慰霊式はこの施設での開催を検討しているが、犠牲者の一部についてはいまだ慰霊方法が決まっていない。事故車両の最終的な保管場所や一般公開の可否も決まっていない。