伊丹空港ビル、中央部分が先行開業 「大きく変わって驚いた」

動画

 昭和44(1969)年の開業以来初となる大規模改修が行われている大阪(伊丹)空港のターミナルビル中央エリアが18日、先行開業した。

大阪国際空港(伊丹空港)のターミナル改装が終了し中央エリアがオープン。集約された到着口を利用する乗客=18日午前、大阪国際空港(前川純一郎撮影)

 手荷物受取場を増設し、これまで航空会社によって南北2カ所に分かれていた到着口を集約。到着口のある2階からモノレール駅までを直結させ、利便性を高めた。また、空港では世界初となるワイン醸造所を併設したワインバル、黒門市場のまぐろ専門店など、新規30店を含む34の飲食店、雑貨店が入居。屋上の展望デッキも1・5倍に拡張された。

大阪国際空港(伊丹空港)のターミナル改装が終了し中央エリアがオープン。飲食店街も大勢の利用者でにぎわう=18日午前、大阪国際空港(前川純一郎撮影)
大阪国際空港(伊丹空港)のターミナル改装が終了し中央エリアがオープン。展望デッキも飛行機が身近に感じられる距離だ=18日午前、大阪国際空港(前川純一郎撮影)

 午前に開かれた開業記念セレモニーでは、大阪出身の書道家の青柳美扇さんが、利用者らを前に書道のライブパフォーマンスを披露した。札幌からの便で到着した大阪市の会社員、棚橋唯さん(31)は「大きく変わっていて驚いた。食事などでゆっくり滞在してみたい」と話した。

https://www.youtube.com/watch?v=ZShQZCLWkMA

 ターミナルビルの改修は平成32(2020)年夏に完了する見込み。

大阪国際空港(伊丹空港)のターミナル改装が終了し中央エリアがオープン。集約された到着口を利用する乗客に記念品が配られた=18日午前、大阪国際空港(前川純一郎撮影)
大阪国際空港(伊丹空港)のターミナル改装が終了し中央エリアがオープン。飲食店街も大勢の利用者でにぎわう=18日午前、大阪国際空港(前川純一郎撮影)