宝塚音楽学校で晴れの入学式 難関突破106期生40人「限りない芸の道を精進していく」

動画
宝塚音楽学校で106期生の入学式が行われる。記念撮影を前に本科生が新入生の服装を正す=17日午前、兵庫県宝塚市(前川純一郎撮影)

 タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で17日、第106期生40人の入学式が行われた。約24倍の難関を突破した新入生がスターへの第一歩を踏んだ。

 入学式では宝塚歌劇団星組組長の万里柚美(まり・ゆずみ)さんが「同期生と互いに高め合いながら、感謝の気持ちを忘れず力強く歩んでほしい」とエール。新入生総代の木村鞠菜(まりな)さんは「『清く正しく美しく』の言葉を胸に、限りない芸の道を精進していく」と決意を述べた。新入生らは終始緊張した様子だったが、最後に上級生から胸に校章をつけてもらうと笑顔を見せていた。

 新入生は今後2年間、声楽やダンスを学び、舞台デビューを目指す。

https://www.youtube.com/watch?v=_tQ0lqohnqU