島根で震度5強の地震 5人けが、自衛隊に災害派遣要請 1週間程度は揺れに注意 - 産経ニュース

島根で震度5強の地震 5人けが、自衛隊に災害派遣要請 1週間程度は揺れに注意

「島根県で震度5強」 道路をふさぐように倒壊した苅田神社の鳥居 =9日午前、島根県大田市(柿平博文撮影)
主な地域震度
地震で倒壊した苅田神社の鳥居=9日午前6時49分、島根県大田市
地震で倒れた地蔵像=9日午前6時52分、島根県大田市
 9日午前1時32分ごろ、島根県西部で震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は同県西部で、震源の深さは12キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定される。今後1週間程度は、同規模かさらに大きな地震が発生する可能性もあり、注意が必要だ。島根県大田市によると、地震により市内で5人がけがをした。
■官邸の危機管理センターに連絡室
 この地震で、同県大田市の地震計で震度5強を観測し、気象庁の推定では同市内では震度6弱程度の揺れが起きたところもあった。また、同県の複数の自治体で震度5弱を観測したほか、鳥取、岡山、広島、愛媛の各県でも震度4を観測した。近畿から中国、四国の広い範囲で震度3の揺れがあった。
 この地震の後、午前7時までに震度1~4の地震を22回観測した。島根県では、震源から10~20キロ離れた地域で昭和38(1963)年、M5・1の地震の2時間後にM5・0の地震が発生するなど、大きな地震が続発した事例がある。
 大田市によると、震度5強を観測した地震で、市内の男性(17)が自宅のベッドから転倒し負傷。同市では計4人がけがをした。また、同市内で約100戸が断水し、約50戸が停電した。一部の建物や道路でひび割れなどが確認された。
 出雲市でも、70代女性がベッドから転落、足を負傷した。
 日本道路交通情報センターによると、中国、四国地方の高速道路で通行止めは起きていない。中国電力によると、松江市の島根原発では異常は確認されていない。
 地震発生を受け、島根県は大田市で給水が困難な状況が起きているとして、自衛隊に災害派遣要請をした。政府は官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。