“チャーチルを甦らせた男”アカデミー賞・辻さん、特殊メーク原点は「スター・ウォーズ」チューバッカの「髪の毛」

銀幕裏の声
ゲイリー・オールドマン(右)にチャーチルのメークを施す辻一弘さん(左)=辻さん提供

 ハリウッド特殊メークの世界に変革をもたらした日本人がいる。公開中の映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で英首相、チャーチルのメークを手掛け、米アカデミー賞メーキャップ&ヘアスタイリング賞を受賞した京都府出身の日本人アーティスト、辻一弘さん(48)だ。米在住で現代彫刻家として活躍する辻さんが映画の公開に合わせ帰国した。“チャーチルを現代に甦(よみがえ)らせた男”に聞いた。(戸津井康之)

日本人初の快挙

 米アカデミー賞史上、同部門で日本人が選ばれたのは初の快挙。辻さんにとって2007、2008年に続く3度目のノミネートでの受賞だった。

 作品は、第二次世界大戦下、英国存亡の危機に立ち向かったチャーチルの勇気と決断を描いた大作。名優ゲイリー・オールドマンがチャーチルを熱演し、主演男優賞も受賞した。

 このW受賞は、細身のオールドマンを恰幅(かっぷく)のいいチャーチルに変身させた辻さんのメーク技術の功績があってこそで、その事実をハリウッド映画人が認めた証しといえるだろう。

 だが、3月4日、米ロサンゼルスで開催された同賞授賞式で、黄金のオスカー像を手にした辻さんは、ゲイリーに対し、「あなたと、この素晴らしい旅をできたことは本当に栄誉なことです。あなたなしではここには立っていない」と強調し、ゲイリーを称える姿が印象的だった。

個性的な着眼点と行動力

 辻さんは1969(昭和44)年、京都市生まれ。高校時代に独学で特殊メークの技術を習得し96年、渡米。大ヒット作「ゴッドファーザー」で、名優マーロン・ブランドを凄(すご)みあるイタリアンマフィアの年老いたボスに変身させた特殊メークの巨匠ディック・スミスに師事し、技術を磨いた。

 そもそも特殊メークに興味を持ったきっかけは何だったのか?

 「8歳の頃、映画『スター・ウォーズ』を見て感動したのがきっかけです」と振り返る辻さんに、「どこに惹(ひ)かれたのか?」と聞くと、辻さんはにやりと笑ってこう答えた。

 「チューバッカの髪の毛です。いったい素材は何でできているのか不思議で興味を覚えたんですよ」

 チューバッカとは身長約230センチの毛むくじゃらの宇宙人のキャラクター。人だけでなく、あらゆる動物の毛を研究し、特殊メークの素材として使用している辻さんらしい答えだ。

 興味を持つ着眼点も独特だが、その行動も人とはかなり違って個性的だ。

 幼い頃から手先が器用で、美術、工芸、デザインなど物作りの仕事に関心を持っていた辻さんは、京都の高校に通っていた頃、スミスが手掛けた元米大統領、リンカーンの特殊メークの写真を映画雑誌で見て衝撃を受け、ある行動に出る。

 自分の顔を特殊メークでリンカーンに変えて撮影、その写真をスミスへ送ったのだ。すぐにスミスから、アドバイスの手紙が送られてきた。彼のアドバイスに従い、メークを作り直して写真を送る-という文通を計十数回、1年間続けた末、スミスに呼ばれ、辻さんは渡米する。

突然のハリウッド引退

 渡米後、辻さんは「メン・イン・ブラック」(97年)、「PLANET OF THE APES/猿の惑星」(2001年)など数々のハリウッド超大作で特殊メークを手掛け、頭角を現すが、2012年に映画界を離れる。

 「依頼される特殊メークは、コメディーやSFの派手なクリーチャー(想像上の生き物)や怪物ばかり。利益追求の商業的な作品が多く、そんなハリウッド映画界の要求と、自分が目指す創作物との差に疑問を感じ始めていたんです」と辻さんは打ち明け、こう続けた。

 「特殊メークは何時間もかかります。中にはそれが辛抱できないわがままな俳優がいて、途中で立ち上がって抜け出し、メークをやり直すことも少なくなかった。こんな生活に耐えられなくなりました」

 そんな頃、辻さんの転機となる出来事が起こる。

 師匠スミスの80歳の誕生日に、辻さんは実物の2倍のスミスの頭像を作り、プレゼントする。スミスは感動し、涙を流して喜んだという。また、誕生パーティーに集まっていたスミスの弟子たちが皆、辻さんの作った頭像の完成度の高さに感嘆の声をあげ、称賛したのだ。

 「自分の作った創作物が、見る人にこれだけ感動を与えることができるのか…」と辻さんはかつてない達成感、充実感を覚え、ハリウッド界からの引退を決意。現代彫刻家として頭像制作に専念し始める。

大物俳優からの依頼

 そして翌2013年、ポップアートの旗手と呼ばれた米芸術家、アンディ・ウォーホルの実物の2倍の頭像を制作し、ニューヨークの美術展で発表すると、瞬く間に辻さんの名は現代美術の世界で広まる。

 そんなハリウッド引退後の辻さんの姿をずっと見続けていた俳優がいた。英国出身の名優、ゲイリーだ。

 「3年前の2015年、ゲイリー本人からメールで特殊メークの依頼を受けたとき、私は一度断っているんです。決意して引退したのに簡単に戻るつもりはないと…。ところが、彼はあきらめなかった。とにかく一度、自宅へ来てほしいと言われました」

 自宅を訪れた辻さんをゲイリーはこう説得したという。「君がメークを引き受けてくれるなら、チャーチルを演じるが、無理なら断る」と。

 細面で目の間が狭いゲイリーの顔と、丸顔で目の離れたチャーチルの顔はあまりにも懸け離れていた。

 ゲイリー本人がその事実を最も自覚し、辻さんの技術でしか、自分のメークを任せられる者はいないと判断したのだ。

 「正直、私がこれまで手掛けてきた特殊メークのなかでも最難関の仕事になることが想像できました」と言うが、逆にそれが辻さんの創作魂に火をつけた。

 辻さんはゲイリーの依頼を引き受けることを決意した。理由は自分の技術を必要としている彼の熱意。チャーチル役に俳優生命を懸けている彼の思いがひしひしと伝わった。そして、メークの題材が、クリーチャーや怪物ではなく、歴史上の人物、チャーチルだったからだ。高校生の頃、初めて特殊メークを試みたのがリンカーンだったことを辻さんは思い出したという。

 辻さんはチャーチルの写真や映像など可能な限りの資料を集めて研究。その人格まで調べあげる徹底ぶりで、ゲイリーをチャーチルに変貌させる特殊メークを作り上げていった。

孫もうなるプロの技

 完成した映画を見て、辻さんはこれまで携わってきた作品とは違う感慨に浸ったという。

 「これまでの作品では、自分が俳優に施したメークの出来ばかりに目がいったのですが、今回は途中から映画の世界へ引き込まれていました。ゲイリーがチャーチルそのものだったから…」と辻さんは満足げに笑った。

 「2人ともオスカーをとったら、もう引退しようか」とゲイリーは辻さんに語ったという。だが、改めて“プロの到達点ともいえる技量”を証明した2人を、ハリウッドはこのまま黙って引退させないだろう。事実、すでに辻さんには新作映画の特殊メークの依頼が殺到しているという。

 「ゲイリーの熱意で映画界に復帰でき、ハリウッドで認められたことは素直にうれしい」と辻さん。「実は映画を見たチャーチルの孫が、『おじいさんだ!』と言ってくれ、胸をなで下ろしました」と会心の笑みを浮かべた。