「借金返済」の裏で3台目の高級外車自慢…贈収賄事件で逮捕、紀の川市元職員の虚飾    

衝撃事件の核心
段ボールを手に紀の川市役所に家宅捜索に入る和歌山県警の捜査員=2月24日

 和歌山県紀の川市発注の水道管工事をめぐり、市内の土木建設会社に優先的に工事を回す見返りに現金を受け取ったとして、同市の元課長補佐の男(56)=懲戒免職=が2月に収賄容疑で逮捕され、その後同罪で起訴された。県警の調べに元課長補佐は容疑を認め、「借金返済にあてた」などと供述した。一方で元課長補佐のものとみられるインターネットの「フェイスブック」には高級外車を「3台目」と誇らしげに写した写真が掲載され、同僚らからは浪費癖を指摘する声も聞かれた。(尾崎豪一、小笠原僚也)

受領総額は100万円

 段ボールを手にした県警の捜査員が、報道陣がカメラを構える中を次々と庁舎に入っていった。2月24日、元課長補佐と贈賄側の土木建設会社経営の男(75)の逮捕直後に行われた同市役所の家宅捜索。捜査員は水道施設などを管轄する水道工務課を中心に捜索し、関係書類などを押収した。

 同社の男もその後、贈賄罪で起訴。起訴状では、元課長補佐が受け取った賄賂は、裏付けの取れた平成29年10~11月の漏水修繕工事受注をめぐる現金20万円とされたが、捜査関係者によると、元課長補佐は同年3月ごろから業者側から現金を受け取っていたといい、総額は100万円近くに上るとみられている。

愛車はBMW?

 同僚らによると、元課長補佐の私生活は仕事内容や役職に比して派手だったようだ。以前所属した部署で上司だった40代の男性職員は「仕事後は毎晩飲みに行っていると聞いた。まじめなタイプではなかったようだ」と話す。

 また、元課長補佐のものとみられるフェイスブックには28年、笑顔を表す顔文字とともに、BMWの高級車の写真が掲載され、「3台目のBMW」とあった。「同じ職員として腹立たしい」。逮捕について同僚の一人はこう憤りを隠さなかった。

窃盗事件が汚職発覚のきっかけ

 逮捕のきっかけは元課長補佐が犯した別の事件だった。県警は今年1月、同市が管理する浄水場の倉庫内から真鍮(しんちゅう)製の止水栓やナットなど水道修理用の部品約200個を転売目的で盗んだとして、窃盗容疑で元課長補佐を逮捕。この捜査の過程で今回の汚職事件が発覚し、立件に結びついた。

チェック態勢も問題

 捜査関係者によると、紀の川市は水道管工事を行う業者27社で構成する「市管工事業協同組合」と契約を結び、住民から市に漏水などの通報があれば、市が組合の加盟業者に対し順番に工事を発注していた。元課長補佐はこうしたルールに従わず、贈賄側の同社に優先的に工事を発注していたという。

 こうしたことから、市の管理態勢も問題となった。市や組合の関係者によると、漏水工事を担当した業者への代金の支払いは本来、業者が組合に提出した請求書類に組合印が押された後、書類が同課に回り、課長や担当者の決裁を経て支払われる仕組みだった。

 ところが組合事務所にあるはずの組合印は常態的に同課内に置かれており、課員は誰でも押印できる状態だった。同課と組合との「二重チェック」が全く機能していなかったのだ。

 また組合印が課内にあるため、業者が組合を通さず直接、同課に請求書類を持ち込むケースもあったという。このため、贈賄側の同社の受注実績が27年度の約300万円から29年度は約1500万円と急増していたにもかかわらず、組合は実態を把握できていなかった。

 中村慎司市長は「市民の信頼を裏切った」として市幹部らに再発防止策を進めるよう求めた。今後は各部署で担当課長による職員の日程管理を徹底するなどの対策に取り組むという。

 市民の信頼を取り戻すことができるか、厳しい視線が市に注がれている。