認知症医療の第一人者が認知症に… 長谷川和夫医師「明るい気持ちで生きていく」

関西の議論
認知症医療の第一人者、長谷川和夫医師=東京都杉並区の認知症介護研究・研修東京センター(飯田英男撮影)

 高齢化に伴い、認知症の人は7年後には700万人、高齢者の5人に1人が発症すると予測されている。そんな中、認知症医療の第一人者で、昭和49(1974)年に認知症を鑑別する「長谷川式簡易知能評価スケール(長谷川式認知症スケール)」を開発した医師の長谷川和夫さん(89)が昨年、自身が認知症であることを公表した。長谷川さんは今、どんな心境なのか。(加納裕子)

「目線を同じ高さに」

 「今日が何月何日か、日めくりカレンダーで確認しても納得できなくて、何回も確認したのが始まり。自分はアルツハイマー病じゃないかと思ったんだ」

 東京都内で取材に応じた長谷川さんはそう、振り返った。出かけた後、「鍵をかけたかな」となって、家に戻って確認する。その後で、もう一度確認したくなる。さらにもう一度…それを何回も繰り返し始めて、これはおかしいと感じたという。

 昨年11月、病院でCT(コンピュータ断層診断装置)やMRI(磁気共鳴画像診断装置)、心理テストなどをして「嗜銀顆粒(しぎんかりゅう)性認知症」と診断された。認知症は、脳の病変などで記憶や思考などの認知機能が低下し、生活に支障が出る状態の総称。嗜銀顆粒性認知症は、嗜銀顆粒という物質が脳に増えて物忘れなどの症状が出るが、進行が遅いのが特徴だ。

 認知症になって、どんな風に感じたのだろうか。長谷川さんは「認知症になった自分とそうじゃなかった自分には、そんなに大きな差がない。連続性があるという感じがする」と説明する。そして、認知症の人への接し方について、こう提唱した。「目線を同じ高さにした方がいい。認知症だからといって、特別な待遇はしない。軽蔑しない、敬遠しない。逆に『特別な気持ちで接しないと』と見上げるのも良くない」

 長谷川さんはこれまでも、認知症の人を尊重し、中心に置く介護「パーソン・センタード・ケア」を提唱してきた。そのことの大切さを、自身の体験を持って実感したという。

「みんなが尊い存在」

 長谷川さんは昭和4(1929)年、愛知県春日井市生まれ。東京慈恵会医科大学を卒業後、同大学精神神経科で41年から老年精神医学に携わるようになった。

 48年には、聖マリアンナ医科大学神経精神科の初代教授に就任、認知症の診療や研究を続けた。49年、「長谷川式認知症スケール」を発表。このスケールは現在も認知症医療の現場で広く使われている。

 長谷川さんは「恩師から、診断がぶれないように、ものさしを作りなさいと言われたのがきっかけ」と説明する。「お歳はおいくつですか」から始まり、「知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください」など9つの質問に答えてもらう内容=図=で、30点満点の20点以下の場合は認知症の疑いがあるとされる。

▼長谷川式認知症スケールの図(こちらをクリック)

 長谷川さんはその後も認知症医療の第一人者として活動し、平成16(2004)年の国際アルツハイマー病協会国際会議では、組織委員長を果たした。現在も12年からかかわってきた認知症介護研究・研修東京センターの名誉センター長の役職を持つ。

 認知症と診断された今後の人生について、長谷川さんは「他の人からの支えを受けなければ、何もできない。そういう気持ちを持って、お願いしながらやっていく」と静かに話した。

 また、「非常に重要なのは、生きていることの尊さ。全世界の何十億人のなかで、僕と同じ人生を生きている人は誰もいない。自分自身のことを尊いというのはおこがましいけれど、それは皆さんにもいえる。1人1人が、みんな尊い存在であるということを、知らなくちゃいけない」と強調。取材の最後には、「僕はこれからも明るい気持ちで、笑うことを大切にしていく」とおだやかにほほえんだ。

医療の現状…根本治療薬は開発途上

 認知症は世界中で増え続けており、治療法の開発が国を超えた課題となっている。現在処方されている認知症の薬はいずれも対症療法として症状を緩和するためのもので、根本治療薬ではない。認知症が出現する前段階での早期発見や、脳の病変を食い止める根本治療法の研究が世界中で進められている。

 認知症の原因となる病気はさまざまだが、脳に異常なタンパク質がたまって萎縮する「アルツハイマー病」、レビー小体という異常なタンパク質が脳にたまる「レビー小体型」、脳の血管が詰まったり破れたりして神経細胞がダメージを受ける「脳血管性」が全体の85%を占め、「三大認知症」と言われる。

 大阪市立大学認知症臨床研究センターの嶋田裕之特任教授(神経内科)によると、中でも全体の半数を占め、患者数が最も多いアルツハイマー病についての研究が先行している。アルツハイマー病は、アミロイドベータ、タウというタンパク質が脳に蓄積し、神経細胞が死滅することが原因。診断法については、今年1月、国立長寿医療研究センター(愛知県)や島津製作所(京都市)などのチームが、わずかな量の血液で、アミロイドベータが脳に蓄積しているかどうかを調べられる検査法を開発したと発表し、注目を集めた。実用化はまだだが、将来、発症前にリスクを調べられる可能性がある。

 治療法については、世界中の製薬会社がアミロイドベータやタウを減らす新薬の開発を続け、現在も数種類の臨床試験が行われている。有効性が証明されれば5年程度で実用化されるが、現時点ではまだその段階に至った薬はない。アミロイドベータなどの蓄積が始まる50~60代ごろの「予備軍」の段階で発症を予防するための研究も進められているが、確実な方法は分かっていないのが現状だ。