北九州豪雨被災の小学校門柱、70キロ先の有明海で発見 - 産経ニュース

北九州豪雨被災の小学校門柱、70キロ先の有明海で発見

 昨年7月の九州北部の豪雨で校舎が被災した福岡県朝倉市の松末小で24日、約70キロ離れた有明海で見つかった校名入りの門柱の返還式があった。同小は統合によって3月末での廃校が決まっており、戻ってきた門柱は市内の博物館で5月13日まで開催の「災害の記憶展」に展示される。
 門柱は高さ約3メートルの木製で「松末小学校」と彫られている。豪雨6日後、佐賀県白石町の海岸近くの水路で町職員が発見。豪雨被災地を流れる筑後川を伝って、大量の流木と共にたどり着いたとみられる。門柱はその後、白石町の中学生らが掃除し、町役場の倉庫で保管されていた。
 式に出席した同町の田島健一町長は「思い出の門柱を元の場所に帰還させることができてほっとしている」とあいさつ。松末小の塚本成光校長は「門柱は豪雨のすさまじさを象徴するものになった。これからの防災、安全を考える上で価値ある教材になる」と謝意を伝えた。門柱にかぶせられた白い布が取られると、会場は拍手に包まれた。 この日、松末小では児童や教職員らが参加して閉校式も開催。創立から140年以上続いた歴史に幕を閉じる。