熊本地震で閉鎖、菊池渓谷あす2年ぶり再開

 

 熊本地震で被災し、閉鎖が続いていた熊本県菊池市の観光名所「菊池渓谷」で23日、約2年ぶりとなる24日からの一般開放に先立ち安全祈願祭が開かれた。菊池川上流域の清流周辺に広がる菊池渓谷は、阿蘇外輪山北西部に位置する「憩いの森」としても親しまれ、名水百選に選ばれた。

 祈願祭は、菊池市などでつくる保護管理協議会が開催。

 平成28年4月の熊本地震で斜面が崩落し、落石が発生するなどしたほか、周辺道路も被害を受け、地震直後から立ち入り規制が続いていた。

 今月中旬までに大部分の復旧工事が完了し、渓谷の入り口から約1キロのコースを一般客が散策できるようになった。

 菊池渓谷は熊本、大分両県にまたがる阿蘇くじゅう国立公園にあり、広さ約1193ヘクタール。紅葉の名所としても知られる。