「1人オレオレ詐欺」で被害者宅にも宿泊、捜査員も驚く大胆な手口

衝撃事件の核心
オレオレ詐欺男、被害者宅に泊まった…衝撃事件の核心とは

 特殊詐欺の手口を熟知する捜査関係者も、その大胆不敵さに驚いた。電話の「かけ子」と金銭の「受け子」を兼ね、さらに息子の同級生と称して被害者の高齢女性宅に宿泊までした韓国籍の無職男A(59)が2月、大阪府警に詐欺容疑で逮捕された。組織性は皆無の単独犯で、フリーランスのまさに「1人オレオレ詐欺」。だまし取った現金でパチンコに興じただけでなく、覚醒剤まで購入する無軌道ぶりだった。実際の息子が実家に電話をかけたことで今回の被害が発覚したのだが、息子もさぞ驚いたことだろう。「同級生のオカザキって…誰やねん!」

手ぶらの来訪者

 「大学時代に世話になった同級生のオカザキを泊めてあげてほしい」

 1月6日、大阪府四條畷市の80代女性宅に電話がかかってきた。

 Aは名乗らずに「俺だけど」と告げた。女性は息子と思い「義雄(仮名)かい?」と尋ねた。

 待ってましたとばかりに食いつくA。「そうだけど。オカザキは寝るだけだから泊めてやってくれないか」と続けた。

 息子の友人とはいえ、1人暮らしの高齢女性が見知らぬ男を宿泊させることに抵抗感は強かっただろう。女性は「嫌や」と難色を示したが、最終的にはしぶしぶ了承した。

 電話口で息子をかたるのはオレオレ詐欺の典型手口だが、事件はここから異例の展開をたどる。電話をかけたA自身が「オカザキです」と名乗り、実際に女性宅に現れたのだ。

 いい年齢の大人が友人宅を訪問し、宿泊までするというなら手土産の一つでもあるのが常識だろう。しかしオカザキことAは、何の気遣いもなく、手ぶらでやってきた。

 時刻は午後8時を過ぎたころ。女性は夕食や入浴を勧めるなど息子の同級生を精いっぱいもてなす姿勢を見せたが、オカザキことAは、5分ほど雑談すると「疲れているので」と用意された寝床にさっさと入ってしまった。

 オカザキことAは、翌日午前6時ごろに起床。朝食もこれまた断って、立ち去った。

 一つ屋根の下でまったく縁もゆかりもないAと約9時間を過ごすことになった女性。Aの逮捕後、警察に「怪しいとは思わなかった。オカザキさんではなく息子の助けになりたい一心だった」と話した。

 Aがすぐ寝たのにはもちろん理由がある。「友人でないと気づかれるのが嫌だったので、女性とあまりしゃべらないようにした」

あっさり逮捕

 女性宅を出た直後、オカザキことAは、再び義雄になりすまして女性に電話をかけた。

 「オカザキに借りていた4万円を返しておいてほしい」。これまた典型的なオレオレ詐欺の手口だが、女性は実物のオカザキと会ったこともあって、嘘とは思えなくなっていた。現金を指定された自宅近くのコンビニまで持参し、そこに来たオカザキことAに渡した。

 味をしめたAは、ここから要求をエスカレートさせていく。最初の犯行からわずか10日間で、いずれも義雄になりきって、「会社の株を買うから12万円」「株の追加代金10万円」「不動産契約のキャンセル料50万円」と、女性に現金をせびった。そして、その都度同じコンビニに呼び出し、オカザキ役で受領。最初の4万円を含めて計76万円を詐取した。

 捜査関係者によると、Aは今回の事件を起こすまで借金取りに追われながら車上生活をしていた。

 だが女性からせしめた大金に気が大きくなったのだろうか、堺市内で悠々自適のホテル暮らしを開始。さらにパチンコに興じたり覚醒剤を購入したりした。もとからあった借金の返済には回さなかった。

 Aにだまされて間もなく女性宅に実際の息子から電話があり被害が発覚した。相談を受けた府警四條畷署が捜査を開始すると、現金授受の現場となったコンビニの防犯カメラに、Aの姿や車のナンバーが何回も写っていた。

 Aはあっけなく逮捕された。

反省の色なし

 「借金があり、生活費や遊ぶ金がほしかった」。同署の調べにAはこう動機を語った。

 Aの携帯電話には、女性宅のほか、数件の発信履歴が残っていた。

 ある捜査関係者は「電話帳か何かを見て、住所が分かる電話番号にかけていたのではないか。たまたま女性がだましの電話に乗ってしまい、狙われたのかもしれない」と推測する。

 関係者によれば、Aは約10年前にも別の詐欺事件を起こし、府警に逮捕されていた。このときも「1人オレオレ」の手口だったとみられる。

 「お母ちゃん、おれ性的不能やねん」

 平成19年11~12月、Aは同府高槻市の60代女性に息子を装って電話。性的不能話で同情させたうえ、ここからは一転、「金もうけの話がある。金貸して」などとだまして、約150万円を他人名義の預金口座に振り込ませたという。

 息子を思う親心に付け込む手口は、10年前も今回の事件も変わらない。

 お金を必要とする大きな理由は覚醒剤だ。Aが潜伏していた堺市内のホテルの一室からは覚醒剤と吸引器が発見された。Aはその後、覚せい剤取締法違反(所持・使用)容疑でも再逮捕されている。

 一般にオレオレ詐欺などの犯人は、被害者と直接対面するリスクを最小限にするため、指示役、「かけ子」「受け子」と役割分担して組織性を帯びるのが普通だ。そのすべてを1人でこなしてしまえば、それだけ被害者と接触する機会も増え、摘発の危険も高まる。ましてや被害者宅に宿泊するなど大胆と言うほかない。

 もとから剛胆な性格なのか、覚醒剤の影響があったのかはよく分からない。ともあれ、女性をだましたことに反省の色は一切ないという。

 突然やって来る「息子の同級生」には注意が必要だ。