賭けない・飲まない・吸わない「健康マージャン教室」一流ホテルでも…指先動かす「頭脳ゲーム」は認知症予防にも

関西の議論
土田浩翔さんの指導を受けながらマージャンを楽しむ参加者=大阪市北区

 かつてはギャンブルのイメージが強かったマージャンが、大きく様変わりしている。約35年前に始まった「賭けない・飲まない・吸わない」をキャッチフレーズにした「健康マージャン」が全国的な広がりを見せ、中高年の女性を中心に参加者が増えている。最近では、大阪市内の一流ホテルを会場に教室が開催されるまでになった。高齢者のスポーツと文化の祭典「ねんりんピック」の正式種目にも採用され、「指を動かしながら頭を使うので、脳の活性化にもなり、認知症予防にも最適」との声もあがっている。(上岡由美)

マナーに厳しく…コミュニティーの場に

 「ツモ!」「やられたわ。私もテンパイ(残り1牌(はい)でアガリ)だったのに…」

 平日の午後、大阪市中央区のマージャン店「天満橋会館」で、女性たちの華やいだ声が響いていた。

 同店ではほぼ連日、一切お金を賭けない「健康マージャン教室」が行われている。ゲーム中は飲酒も喫煙も禁止。ゲームが始まる際には「お願いします」と声をかけ合い、終われば「ありがとうございました」とあいさつする。服装などにも気をつかうなどマナーにも厳しい。

 会員数は2千人を超えており、数年前から女性の会員が増加。女性の参加者が約7割を占める日もあるという。

 大阪府東大阪市から参加したという女性(65)は、昨年12月から教室に通いはじめた。「前から通いたかったけど、会社を退職したのを機にやっと念願がかないました」と笑顔で語る。最初は「東南西北(トン・ナン・シャー・ペー)」など牌の呼び方もわからなかったが、おぼつかない手付きながらも「楽しく過ごしています」と話す。

 切る牌の選択に悩んでいても、対局者が「ゆっくりでいいよ」と声をかけてくれる。昼休みには会員同士で弁当を食べたり、ゲームが終われば一緒に喫茶店に行くこともあるという。

 「マージャンを覚えることも大切ですが、まずは楽しく遊んでもらおうと心がけています。堅苦しく考えても、長く続きませんから。95歳の女性会員も週2回ぐらい来ていますよ」と同店の奥脇敏郎社長(50)は説明する。

実は「知的なゲーム」イメージ変えたい

 リーガロイヤルホテル(大阪市北区)では昨年4月から、毎月第2金曜日に「こころをそだてるプレミアム健康麻雀(マージャン)教室」を同ホテル内で開催しており、50~70歳代の女性参加者らでにぎわっている。

 指導に当たっているのは、「最高位戦日本プロ麻雀協会」特別顧問を務める土田浩翔(こうしょう)さん(58)。七対子(チートイツ)=2枚ずつ7組の牌を集める手役=を得意とし、「土田システム」と呼ばれる独自のシステムに基づいた打ち筋は、多くのマージャンファンを心酔させている大物プロ雀士(じゃんし)だ。

 ホテルニューオータニ東京(東京都千代田区)でも教室を開いているという土田さんは「これまでのマージャンのイメージを変えるには、ホテルでマージャンをするという意外性もあります。わくわく感や反射神経が磨かれるので間違いなく認知症予防にも効果があると思います」と明かす。

 教室が開設されたのは、大阪市住吉区の大学教授秘書、上谷衣代(うえたにきぬよ)さん(58)が、同ホテルの文化教室「エコールドロイヤル」担当者に相談したのがきっかけ。もともと上谷さんはマージャンに興味がなかったが、平成27年秋に友達に誘われて東京の教室に参加したところ「マージャンって知的なゲーム」と認識を改めたという。土田さんの承諾を得て交渉を重ねた結果、ホテルの一室を借りる形での開講が認められた。

 まずは、土田さんが「マージャンは勝っても負けても、相手にまた一緒に打ちたいと思ってもらえるような、愛される人になるのが目標」などと心構えを伝授した後に、上級から初心者に分かれて実戦が開始。教室の最後には、濡れたふきんと乾いたふきんで牌をきれいに拭いて、箱に戻すことまで行っている。

競技マージャンでは女流プロに注目

 健康マージャンは昭和63年、東京大卒のプロ雀士、井出洋介さん(62)らがマージャンに対するイメージを変えようと、「日本健康麻将(マージャン)協会」を設立して普及活動に乗り出したことから始まる。「指先を動かして頭を使うことから脳が活性化され、認知症予防だけでなく老化防止にもつながる」などと呼びかけた。

 マージャンに対するイメージ悪化に危機感を抱いていた全国のマージャン店も協力し、各地で教室が開設されていった。自治体主催のマージャン大会のほか、公民館や集会所、文化施設などでも教室が開かれるように。

 ギャンブルとしてのマージャンから、競技マージャンへの移行が進んでいくなか、二階堂瑠美さん(37)と亜樹さん(36)の二階堂姉妹がプロ雀士としてアイドル的な人気を獲得。その後も、グラビアアイドルや女優出身の女流雀士が次々に誕生するなどして話題を集めている。

 平成14年からは「麻雀格闘倶楽部(ファイトクラブ)」をはじめとしたオンラインゲーム機が、全国各地のゲームセンターなどに導入。大会に勝ち進めば本物のプロ雀士と実際に対局できることもあって、人気になった。

 こうした普及活動に加えて、家にこもりがちなお年寄りらが「マージャンができるなら」とデイサービスなどを利用することもあるほど、マージャンの競技人口は広がりを見せている。高齢社会だけに今後、健康マージャンの存在感が増していきそうだ。

 【天満橋会館】ゲームのできる人は5階の「健康麻将」(月~土曜日と祝日)で、初心者は4階でゲームを楽しむ(入会時に入会金2千円、教本代2100円が必要)。火・木曜日は「女性のための健康マージャン教室」、水・金曜日は「女性を対象とした初級・中級コース」。料金は1日2100円で、時間は午前11時~午後5時。問い合わせは天満橋会館(電話06・6941・4177)。

 【プレミアム健康麻雀教室】毎月第2金曜日の午後1~4時に開催。受講料は1回6千円。申し込みは「雀聖アワーOfficial Site」(http://8141.info/jansei/)へ。問い合わせは雀聖アワー(電話03・5709・3977)。