九州北部豪雨半年 犠牲悼み、各地で黙とう 朝倉では依然2人が行方不明

 

 昨年7月に九州北部を襲った豪雨から5日で半年となった。福岡、大分両県で関連死を含めて計40人が亡くなり、被災した各地では住民らが黙とうし、犠牲者を悼んだ。

 福岡県朝倉市はこの日、防災無線を使って午前10時からの黙とうを市内全域に呼び掛け、3人の死者が出た東峰村でも渋谷博昭村長や職員が役場玄関に集まって追悼。

 被害が集中した朝倉市の山間部は今も土砂で埋め尽くされた地区が残り、市内の仮設住宅などに身を寄せる住民も多い。市では依然2人が行方不明となっている。