ラブホテルから長時間緊縛監禁、〝拳銃〟で脅し2千万円要求…強盗致傷罪で起訴の被告に猶予判決 そのワケは

衝撃事件の核心

 1人の男性を4人で取り囲み、両手を粘着テープで緊縛して長時間監禁し、さらには2千万円を奪い取ろうとした-。こうした強盗致傷事件で、犯人グループの主犯格の男2人が起訴された。状況だけを見ると、凶悪な犯行だが、大阪地裁で11~12月に開かれた裁判員裁判で下された判決は、求刑を大きく下回る執行猶予付き判決だった。量刑判断の分かれ目となったのは、事件のある背景が大きく影響しているという。

15時間の監禁

 2人は大阪市生野区の飲食業の被告A(31)と、友人で同市西区の会社役員の被告B(34)。強盗致傷、営利目的略取、監禁致傷(Aはこれに加え住居侵入、窃盗)という、多数の罪名で起訴された。主な起訴内容は次のようなものだ。

 《2人は別の男2人と共謀し、平成28年7月14日午前1時半ごろ、大阪市天王寺区内のラブホテルで、当時39歳の被害男性を取り囲み、被告Aの車に連れ込んだ。4人のうち1人はポリ袋をかぶせたモデルガンを持って、被害男性に見せていた》

 《車内では被告Aの指示で、粘着テープで被害男性の両目を目隠しし、両手首を緊縛。同市内の被告Bが経営する会社事務所に連れて行くまでの間に暴行した》

 《事務所で被告Aらは「どうやってカタつけんねん」「なんぼ用意できんねん」などと迫った》

 《被害男性が「2千万円払う」と約束すると、金を調達させるために同市内を連れ回した。被害男性は隙をついて逃走したが、監禁行為は14日午後4時40分ごろまでの約15時間続き、被害男性は暴行によって頭などに約1週間の軽傷を負った》

 11月9日の初公判で、2人は実行行為についておおむね起訴内容を認めた。だが、続く弁護側の発言が注目を浴びた。

 「2人は金目当てではなく、被害男性が女性に強要した愛人関係を解消させるためだった」

「風俗に売り飛ばす」

 「愛人関係」とは何だったのか。公判での関係者の証言をまとめると-。

 被害男性は同年春、18歳だったC子に「2千万円出資してあげるから、バーを開店しないか」と持ちかけた。やがて、「C子が店長となり、音楽グループでともに活動をしていた当時19歳のD子が従業員として働く」という内容で話が進んでいった。

 もともと“うますぎる話”に不信感を抱いていたC子は、次第に被害男性と距離を取るようになり、最終的に連絡を絶った。すると被害男性の怒りの矛先はD子に向かった。

 事件発生の数日前、被害男性はD子に対し、バーの開店をめぐり「このままだと損害が出る」と激しい口調で迫った。そして携帯電話のアドレス帳を開き、暴力団関係者だという連絡先を見せながら、「暴力団関係者が音楽グループのメンバー全員に金の取り立てに行く」「C子を風俗に売り飛ばす」とまくし立てた。

 D子にとって音楽グループは「初めてできた家族のような存在」で、C子はそのメンバー。「やめてください。時間をください」と頭を下げたが、被害男性の怒りは収まらなかった。そして、「C子の代わりに店長となり、被害男性の愛人になる」との提案を受け入れた。

愛人関係強要「どうしても許せなかった」

 愛人関係になった後、D子は音楽グループのメンバーに一連の事態を相談。音楽メンバーの知人が被告Bの会社で働いていたことから、被告2人も相談を受けることとなった。

 そして、被告Bがバーの進行状況を調べてみると、開店準備は全く進んでおらず、被害男性が持ちかけた出店話はそもそも嘘だった可能性が浮上した。

 「嘘を重ねて、まだ未成年の少女に肉体関係を迫った」と怒りを募らせた2人は、事件の始まりとなったラブホテルに、被害男性を呼び寄せた。

 被告人質問で弁護人から「相手は自称ヤクザ。なぜこのようなことをしたのか」と問われた被告A。はっきりとした口調でこう述べた。

 「幼いころから、男は女性を守るものと教わって育った。男性がやったことはどうしても許せなかった」

食い違う被害男性の証言

 公判では被害男性が証人として出廷した。

 証言台と被告らの間にはついたてが置かれた。被害男性は尋問で「犯人がすぐ近くにいると思ったら、怖くてひざがガタガタ震える」と語っており、恐怖心からそのような措置を望んだとみられる。

 被害男性は証人尋問で、ラブホテルでの状況を「(モデルガンは)本物の拳銃で、言うことを聞かないと殺されると思った」と振り返った。

 その後、被告Bの事務所に車で連れて行かれると、緊縛された状態で椅子に座らされ、D子との愛人関係を問い詰められながら、頭を殴られるなどの暴行を受けたという。

 「警察に連れて行ってくれと言ったら『違うだろ』と言われた。金を払うと言ったら殴られなくなったので、『2千万円用意する』と提案した」といい、「逃げたら目の前で子供を殺し、嫁を殺し、最後にお前を殺す」と脅されたとも証言した。

 だがこうした証言は、被告2人の法廷供述と大きくくい違っていた。

 被告人質問で被告2人はこのときの様子について、

「警察は勘弁してほしい。家族にも(愛人関係を)知られたくないので、どうにか金でけりをつけてほしい」と、被害男性のほうから金の支払いを持ちかけてきたというのだ。

 被害男性の態度も「モデルガンを見せても、荒っぽい口調や態度は変わらなかった。暴れられたら困るので粘着テープで縛った」とし、おびえた様子はなかったと主張した。

求刑大きく下回る判決

 「愛人関係」の解消が目的だったとする弁護側。対する検察側は、愛人関係の存在には争いがないものの、被告Bが事件前D子に「示談金を引っ越し代にあてたらいい」と言っていたことなどから、「最初から金目的」と訴えた。

 審理を締めくくる最終意見陳述。被告Aは、暴行について反省の弁を述べながらも「女性を守ろうと行動した理念については後悔していない」と言い切った。

 被告Bも反省の言葉を口にしながら、「未成年に嘘を重ねて肉体関係を迫った男性が罪に問われず、私たちが刑務所に入って事(こと)が終わるのは悲しい」と陳述。そして、今年7月の刑法改正に触れ「性犯罪の厳罰化が進んで良かった」と遠回しに男性を非難した。

 迎えた12月5日の判決公判。増田啓祐裁判長は、被告Aに懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役7年)、被告Bに懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役6年)を言い渡した。求刑を大きく下回る判決だった。

被害男性の証言「虚偽や誇張の疑い」

 増田裁判長は判決理由で「被害男性は暴力団関係者と思われており、このような人物との交渉で金銭を支払わせようとしたと考えるのは不合理」などと述べ、犯行動機は金銭目的とは考えられないと指摘した。

 そして、動機は「男性とD子の関係解消が目的」とし、金銭を奪うため相手に暴行してけがをさせたとする「強盗致傷罪」の成立を否定。被告Aについては、より量刑の軽い「強盗未遂罪」と「傷害罪」にとどまるとし、被告Bは強盗致傷罪について無罪とした。営利目的略取罪については2人とも無罪だった。

 さらに裁判長は、被害男性の証言を「虚偽ないし事実を誇張している疑いがある」などと次々と否定。2千万円の支払いが持ち上がった経緯も「男性自らが『警察には行きたくない』と言ったと考えるのが自然」と認定した。

 ほぼ弁護側の主張が認められた判決。ただ、増田裁判長は2人に対して、くぎを刺すように説諭した。

 「女性のことを考えての行動であっても自分たちで解決しようというやり方は許されることではない。絶対に2度とこのようなことをしないでください」