攻撃力は上限の100倍!モンハンキャラを不正改変、モラル無視したチート行為の実態

衝撃事件の核心
モンスターハンターシリーズのゲームソフト(下)と3DS=上新電機・ディスクピア日本橋店

 シリーズ累計4千万本を売り上げた超人気ゲーム「モンスターハンター」の世界で、規格外の強さを見せるプレーヤーがいる。ネコのキャラクター「アイルー」を使用することから、「悪魔ネコ」の異名で恐れられていたが、その実態はチート行為(不正なプログラム改変)。大阪府警は11月、悪魔ネコの生みの親の1人である会社員の男(44)を著作権法違反容疑で書類送検した。発覚のきっかけは「こんなこと、していいのか」との心あるゲーマーの忠告。ところが忠告された当人は、「脅された」と警察に駆け込み、逆にダメ出しされて摘発されるに至った。こうした改変はプログラミングの知識がなくても容易に実行でき、ゲーム上ではこの男とは別経由で作り出された悪魔ネコもいる。ルールを無視した冒涜(ぼうとく)行為の実態は。

「誰でも可能」

 府警によると、男のやったチート行為は、ニンテンドー3DSのソフト「モンスターハンター4G」のセーブデータの改変だった。

 同ゲームはモンスターを退治して(狩って)、キャラクターの武器を強化するのが醍醐味(だいごみ)の一つ。オンライン上で見知らぬ人と仲間になってモンスターを狩ることもできる。プレー時間が千時間を超える人がざらと言われるほど、いかにやり込み、いかに鍛錬を積むかによって、プレーヤーの強さが決まる。近道はなく、その意味ではボクサーや格闘家が愚直に練習を重ねることと変わりはない。

 セーブデータの改変はそうした血と汗と涙の時間経過を、一瞬でかすめ取る行為といえるだろう。そのうえ武器の威力なども自由に設定できたという。

 男はネットオークションで、改変の依頼者を募集。ゲームソフトを送ってもらい、勤務先の会社内で内職にいそしんだ。

 用意したのは、パソコンとソフト、そしてデータ改変に使う専用機器のみ。これを使えば、セキュリティー機能の突破や、データの書き換えが可能になる。

 捜査関係者は「専用機器はインターネットや家電量販店で数千円で売っており誰でも入手できる」と明かす。

 男はプログラミングに精通しているわけではなかった。データをどう改変すれば最強のアイテムを入手できるか、それについてもネットで調べていたという。「専門知識がほとんどなくても、その気になって調べれば、誰でも改変できるのが現状」と捜査関係者は嘆く。

改変わずか10分程度

 「小遣い稼ぎだった」

 男は約250人から依頼を受け、報酬として計約200万円を得ていたとみられる。1度セーブデータを書き換えてパソコンに保存すれば、その後はコピーするだけで追加の手間はほとんどかからない。男が1本のソフト改変に要した時間は、10分程度だったこともあるという。

 悪事は露見する。「こんなことをやっていいのか」。男はネットオークション上で、こんな匿名のメッセージを複数回受け取った。

 男は怖くなり、「脅された」と大阪府警阿倍野署に相談したが、応対した署員は「これは脅しにはならない。ダメなことをしているのはあなたでしょう」と指摘、その後の捜査で男のチート行為を立件した。捜査関係者は「検挙されるほどのこととは思っていなかったのだろう」とあきれた。

無限の切れ味

 同ゲームの武器には「切れ味」という指標があり、モンスターと戦えば戦うほど切れ味は悪くなる。回復にはアイテムが必要だが、男が作った武器の切れ味は、一切鈍らないようになっていた。

 さらにアイルーの攻撃力を上限の100倍以上に設定。文字通り規格外のアイルーは、モンスターハンター愛好者の間では「悪魔ネコ」と呼ばれるようになっていたという。

 こうしたチート行為に対しては、強さを誠実に希求してきた人たちほど落胆が大きい。

 モンスターハンターの全国大会で優勝し、ゲーム開発者のカプコン(本社・大阪市中央区)から「狩王」の称号を得た武田直貴さん(31)もその一人。

 武田さんが優勝した大会は、モンスターを狩るスピードを競う大会。通常どんなに頑張っても狩るのに5分はかかるモンスターを、悪魔ネコなら一撃で葬ることができるという。

 カプコン主催の大会は、用意されたゲームソフトを使用するため改変されたものでは参加できない。だが愛好者らが自主的に開催する非公式戦は、自分が普段使うキャラクターでエントリー可能なこともある。武田さんは「過去に強すぎる武器で大会に参加していた人が問題になったことがある。改変して何が楽しいのか私には分からないが、水をささないでほしい」と憤る。

「グレーゾーン」指摘も

 武田さんによれば、モンスターハンターの大会のほとんどは優勝しても賞金はなく、あくまで名誉をかけて出場する愛好者が多いという。

 ただ、オンライン上で他人とモンスターを狩ることができる「モンスターハンター4G」では、強さへの称賛をほしさに改変に走る人もいる。

 情報セキュリティー会社「サイファー・テック」社員で、こうした問題に詳しい末岐(すえき)光洋さんは「オンラインで強すぎるプレーヤーと遭遇することで不公平感からモチベーションが低下し、ゲーム自体から離れてしまうプレーヤーもいる」と問題点を指摘する。

 悪質なゲーム改変を防ぐ方法はあるのだろうか。今回の男は著作権法違反容疑で立件されたが、個人的に楽しむだけであれば犯罪にあたらないとの解釈もあり「グレーゾーン」とも言われる。

 ITジャーナリストの三上洋さんは「セーブデータを改変した時点で使用できなくするなど、ゲーム開発側がセキュリティーの暗号をより複雑にするしかない」と話す。ただどんなにセキュリティーを強化しても、また突破する人があらわれる。三上さんは「いたちごっこの状況だろう」と予測した。