九州北部豪雨の被災児童にちゃんこ鍋 琴奨菊と若手力士、福岡の小学校で振る舞う

 
琴奨菊関から手製のちゃんこ鍋を手渡され、喜ぶ志波小学校の児童 =28日午前、福岡県朝倉市

 福岡県出身の大相撲琴奨菊関ら佐渡ケ嶽部屋所属の力士が28日、同県朝倉市の市立久喜宮小を訪れ、7月の九州北部の豪雨で被災した児童に手製のちゃんこ鍋を振る舞った。

 26日に九州場所を終えたばかりの琴奨菊関と若手力士十数人は朝から校内の家庭科室で仕込みを始め、部屋直伝のちゃんこ鍋「鶏の塩炊き」を調理。琴奨菊関は「夢を諦めずに前へ進むという気持ちを届けに来た」と話した。

 久喜宮小の敷地内には志波小と松末小の2校が仮設校舎を設けており、3校の児童や教諭計約130人が参加した。志波小6年の田中晴翔君(12)は「ごま油の風味がきいていてとてもおいしかった。心まで温かくなった」と笑顔で話した。 ちゃんこ鍋を食べた後、児童らは力士と腕相撲をして交流を楽しんだ。