「膝までの汚物に大量のハエ」猫50匹放置でぬかるみと化した人気市営住宅 「多頭飼育崩壊」の悲劇

衝撃事件の核心
強制退去処分になった40代女性の部屋のベランダに群がる猫=神戸市東灘区(同市提供)

 「長年苦しめられた悪臭と大量のハエから解放された」。神戸市東灘区の市営住宅で猫53匹を放置していた40代女性が神戸地裁から強制退去処分を受け、近隣住民は約8年ぶりに安息の日々を取り戻した。女性が残していった部屋は人間の膝の高さまで猫の糞尿(ふんにょう)が堆積。畳や家具などいたるところに汚物が染み込み、猫の死骸からは大量のハエやウジ虫がわくなど「地獄絵図」そのものだった。元々は女性が拾ってきた数匹の猫から始まった悲劇は、ペットの大量繁殖で飼い主が飼育不可能になる「多頭飼育崩壊」が背景にあった。同様の事例は全国で相次いでおり、専門家は「必ず不妊去勢手術を」と強調する。(小松大騎)

汚物が2トントラック1台分に

 4月7日午前9時、神戸市東灘区魚崎南町の市営住宅3階の一室へ、黒い防護服に身を包んだ清掃業者の男性作業員8人が次々と入った。部屋の明け渡しを求める市の提訴を受け、神戸地裁が悪臭による迷惑行為という市の主張を認める判決を下し、業者が強制退去に踏み切った瞬間だった。

 3DK(約60平方メートル)の室内は畳や家具、柱などいたるところに猫の糞尿が染み込み、「膝まで汚物が堆積し、田んぼに入っていくようだった」(作業員)。悪臭はゴーグルをしていても刺激で目が開けられないほどで、室内には猫53匹が野放しにされていたほか、複数の死骸もあった。

 スコップで糞尿をかき出していったが、あまりの悪臭でこまめに休憩を取る必要があった。コンクリートのように固まった糞尿もあり作業は難航。糞尿まみれの家具や電化製品、畳、床板などを撤去し、最終的に取り除いた汚物は2トントラック1台分に上った。

 作業は午後4時までかかり、作業員は放心状態で帰路についたという。

 作業に立ち会った市職員は「言葉では言い表せない悲惨な現場だった。まさか猫が53匹も放置されていたとは」と絶句する。保護された猫は市内のNPO法人などに引き取られたが、雌猫は半数近くが妊娠した状態だった。

糞尿の〝雨漏り〟

 市や住民によると、女性が入居してきたのは平成18(2006)年9月ごろで、10~20代の子供3人と暮らしていた。この市営住宅は鉄道の駅に近く、募集倍率が10倍を超える人気物件。女性が捨てられていた猫数匹を飼い始めたのは入居からしばらく後のことだった。本来、市営住宅ではペットの飼育は禁じられていたが、「数匹ならば」と近隣住民も最初は黙認していたという。

 住民らが異変を感じたのは21年ごろ。女性の部屋から腐ったような異臭が漂い始めた。住民らは女性を見かけるたびに問いただしたが、女性は「鼻が悪くて分からない」と意に介しない様子だった。22年末には猫が大量に繁殖し、飼育できなくなった女性が別の場所に移動したとみられる。

▼【閲覧注意!】糞尿まみれ現場と猫の写真(こちらをクリック)

 この時期から女性の部屋の真下に住む男性(72)は糞尿の“雨漏り”や大量のハエに頭を悩ますようになった。悪臭とハエで窓を開けたり換気扇を回したりできなくなり、夏場には体調を崩すこともあったという。

 女性は毎日、猫に餌と水を与えに部屋に来ていたが、住民と顔を合わせるのを避けるためか、午前4時ごろにマスクと帽子姿で部屋を訪れては足早に立ち去るようになった。

部屋明け渡し全額を請求

 そんな中、住民の通報を受けた市が27年、ついに調査に乗り出す。

 女性は「猫はきちんと世話しており、一緒に暮らしている」と主張したが、水道のメーターは回っておらず、生活実態がないことは明白だった。面談などで指導を重ねても、改善の兆候はみられなかった。

 近隣の46世帯から要望書が提出されたこともあり、市は昨年10月に部屋の明け渡しを求めて神戸地裁に提訴。今年1月に主張が認められ、4月に強制退去に踏み切った。

 その後、市は11月8日に女性に宛てて畳や床板の交換などの修繕費約670万円や、消臭・消毒にかかる費用約260万円など計約1千万円を請求する文書を発送した。部屋の明け渡しで費用を全額請求するのは異例だ。

 市の担当者は「女性はたび重なる改善指導に従わないなど悪質性が非常に高い。請求に応じない場合は提訴する可能性もある」と強調した。

相次ぐ「多頭飼育崩壊」

 今回のような事例は、大量の動物を劣悪な環境で飼育する「多頭飼育崩壊」と呼ばれ、ここ数年で全国的に顕在化してきている。これまでは行政による殺処分が行われていたことなどから事態が表面化しにくかったが、猫の殺処分防止に力を入れるボランティア団体などが増えたことで注目されるようになった。

 環境省が昨年度に全国115自治体を対象に行った調査では、ペットの多頭飼育に関する近隣住民からの苦情件数は約2200件に上った。このうち10匹以上の飼育は約3割、50匹以上も100件を超えており、多頭飼育をめぐる悪質な事例が全国で相次いでいる。

 27年5月には飼い猫を水死させたとして、北海道警が70代の女を動物愛護法違反容疑で逮捕。女は「飼い猫が増えすぎて10年で100匹以上殺した」と供述した。

 今年6月には神奈川県大和市の借家で多数の猫を劣悪な環境で飼育したとして、同県警が同法違反容疑で男を書類送検した。76匹の猫が保護され、近隣住民からは「猫屋敷」と呼ばれていた。

「早期の不妊去勢手術を」

 全国に出張して猫の不妊手術などを行う公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)には、年間約100件の多頭飼育に関する相談が寄せられる。件数はここ2~3年で急増しており、獣医師と連携して野良猫を含む年間約2万頭に不妊去勢手術を行っている。

 猫の多頭飼育崩壊は、20匹以上いることや糞尿で室内が荒れていることなどが目安となる。雌は年に3回妊娠でき、1回に4~6匹の子猫を産む。猫は生後4カ月で交尾が可能となるため、手術をしなければ瞬く間に増殖するのだ。

 また、猫1匹あたりの不妊去勢手術は2万~3万円と高額で餌代も負担となるため、飼い主は猫を放置して別の場所で暮らさざるを得なくなるという。同法人の佐上邦久理事長(57)は「多頭飼育崩壊の現場は猫同士の共食いや、強烈な悪臭など本当に悲惨なものが多い。手遅れになる前に支援団体などに相談してほしい」と訴えた。

精神疾患の一種?

 一方、NPO法人「ねこけん」(東京)の溝上奈緒子代表(41)は今年4月、多頭飼育崩壊を食い止めようと、無料で飼い猫などの不妊去勢手術を行う「ねこけん動物病院」を設立した。全国から予約が殺到しており、現在は2カ月待ちの状態だ。

 多頭飼育状態に陥っているとみられる利用者からの依頼もあり、1日30匹の手術を行うときもある。同院では年間5千匹以上の手術を実施する見通しだ。

 溝上代表によると、飼育不可能な数の動物を集めてしまう人は「アニマル・ホーダー」と呼ばれ、米国などでは精神疾患の一種として認識されている。猫の所有に執着する精神状態となり、周りから指摘されても一人で抱え込んでしまって改善できないケースが多い。地域で孤立した高齢者が陥りやすい症状という。

 溝上代表は「神戸の事例は氷山の一角に過ぎず、全国にはまだ数多くの予備軍がいる。猫を大切に思うのなら『かわいそう』とは考えず、早期に不妊去勢手術を受けさせてほしい。多頭飼育は、猫にとっても飼い主にとっても不幸な結果につながる」と指摘した。

▼【衝撃事件の核心】純愛か異常な性愛か パジャマ姿の女性遺体と5日間も夜を明かした男の胸中