白鵬関への態度で激高か 日馬富士関 鳥取県警、引き続き経緯調べる

横綱・日馬富士暴行
日本相撲協会の事情聴取を終え、両国国技館を出る横綱日馬富士関=19日午後、東京都墨田区

 大相撲の横綱日馬富士関(33)=モンゴル出身=の暴行問題で、鳥取市内のラウンジで横綱白鵬関に生活態度を注意されている最中に平幕貴ノ岩関(27)が知人から連絡が来たとして、スマートフォンを操作しようとしたことが引き金となり、激高し殴った疑いがあることが19日、関係者への取材で分かった。鳥取県警は暴行に至った経緯を調べる。

 関係者によると、日馬富士関らは10月25日夜、鳥取市内のちゃんこ料理店で会食。その席上で白鵬関が貴ノ岩関を注意していた。さらに2次会で立ち寄ったラウンジでも注意が続いたが、貴ノ岩関が知り合いから連絡が来たとしてスマホを操作しようとした。日馬富士関はその態度に怒り、素手で殴るなどしたとされる。

 ラウンジにはモンゴル出身力士の横綱鶴竜関や関脇照ノ富士関のほか、日本人力士、地元関係者らもいたという。

 県警は17日、東京都内で日馬富士関を聴取した。同席者の説明も踏まえて、傷害容疑での立件の可否を検討するとみられる。