マツダ、鉄粉も安全性確認 銅製品・アルミ合金棒は引き続き調査 

神戸製鋼データ改竄

 マツダは10日、国内で部品メーカーから調達した鉄粉やアルミ板を使った自動車の安全性を確認したと発表した。神戸製鋼所が製品の性能データを改竄(かいざん)していた問題を受けて調べていた。不正があった銅製品やアルミ合金棒の使用状況は確認できていないため、引き続き確認作業を進める。

 新たに安全性を確認した素材は、自動車のオイルポンプに使う鉄粉と、エンジンやエアコンの部品に使用するアルミ板など。これまでは神戸製鋼から直接仕入れたアルミ板は安全に問題ないと公表していた。

 部品メーカーと協力し、取引先が自動車部品に加工した神鋼製の素材の安全性についても確認を進めてきた。