共産、兵庫9区で取り下げ 新社会と協力で合意

衆院選

 共産党兵庫県委員会と新社会党兵庫県本部は2日、両党が衆院選の選挙協力で合意し、兵庫9区で共産党が新人の新町美千代氏(70)の立候補を取り下げ、新社会党での出馬を予定していた新人菊地憲之氏(61)を推薦すると発表した。新社会党は兵庫8区の共産党前衆院議員、堀内照文氏(44)を推薦するとしている。

 菊地氏は無所属で出馬し、新社会党や共産党などが推薦することも明らかにした。