藤井四段、棋聖戦1次予選対局始まる 3回戦で竹内雄悟四段と4度目の対戦

将棋
棋聖戦1次予選3回戦で竹内雄悟四段(手前)と対局する藤井聡太四段=27日午前、大阪市福島区の関西将棋会館(水島啓輔撮影)

 将棋界最多の29連勝を成し遂げた最年少プロ、藤井聡太四段(15)と竹内雄悟四段(29)との第89期棋聖戦1次予選3回戦の対局が27日、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。持ち時間は各1時間で、午後にも決着する見通し。

 ここまでの藤井四段の公式戦通算成績は41勝6敗。藤井四段が竹内四段と公式戦で対局するのはこれで4度目となり、これまで3勝している。

 羽生善治棋聖(47)=王座=への挑戦者は、トーナメント方式の1次、2次予選を勝ち上がった棋士とシード棋士の16人で本戦を戦い、決定する。藤井四段はこの3回戦を勝てば、1次予選決勝に進出する。

 対局室では、竹内四段が午前9時34分に入室。藤井四段は5分ほど後に入った。振り駒で先手となった竹内四段は初手で5筋の歩を突き、後手の藤井四段は飛車先の歩を突いた。