藤井四段、棋王戦本戦で豊島将之八段と対局 A級棋士とは初対局 中学生のうちに挑戦できる“最後のタイトル戦”最初の関門

将棋
初手を指す藤井聡太四段(左)=24日午前、大阪市福島区の関西将棋会館

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少棋士、藤井聡太四段(15)と若手のトップ棋士、豊島将之八段(27)とのタイトル戦棋王戦本戦の対局が24日午前、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。豊島八段は5ランクある名人戦順位戦で最上位のA級に在籍する実力者で、藤井四段が公式戦でA級棋士と対局するのは初めて。藤井四段が中学生で挑戦できる可能性があるタイトル戦はこの棋王戦のみで、最初の関門を突破できるかどうか、注目される。

 順位戦はA級▽B級1組▽B級2組▽C級1組▽C級2組の順で5クラスあり、A級の優勝者が佐藤天彦名人(29)への挑戦権を得る。

 約160人の現役棋士のうち、A級に在籍するのは豊島八段のほか、羽生善治三冠(46)や渡辺明竜王(33)、久保利明王将(41)らトップ棋士11人だ。一方の藤井四段が在籍するのはC級2組だ。

 豊島八段は平成19年にプロ入り。タイトル獲得経験はまだないものの、王将戦(22年)、王座戦(26年)、棋聖戦(27年)で挑戦者になったことがある。昨年は将棋日本シリーズJTプロ公式戦で佐藤名人ら実力者たちを破って優勝している。

 藤井四段は5月に愛知県岡崎市で開催された将棋まつりの公開対局(非公式戦)で、豊島八段と対局したが、敗れている。両棋士は愛知県出身者同士でもある。

 藤井四段にとって、中学生の間に挑戦できるタイトル戦はこの棋王戦のみ。22日、豊島八段との対局について「A級の先生に公式戦で教わるのは楽しみ。いい将棋にできるよう、全力でいきたい」と語っていた。豊島八段とどう戦うかが、今後を占う重要な一局となる。

 関西将棋会館の対局室には、24日午前9時40分ごろ、藤井四段が入室し、続いて豊島八段が入室した。振り駒の結果、先手番は藤井四段。飛車先を突いた。

 持ち時間は各4時間で、終局は夜になる見込み。