警察指導「慢心スルー」の末路 サブカルマニア受けは抜群、違法接待の人気「コスプレバー」摘発

衝撃事件の核心
セーラー服やメイド服といったコスプレをした女性従業員に無許可で接待させたとして摘発された人気コスプレバー「カルテット」のホームページには、7月末で閉店することが告知された。ナスカグループの他の各店舗も大半が休業状態になっているという

 アニメやゲームなどサブカルチャーのマニアには人気の店でも、警察は見逃してくれなかった。無許可で女性従業員に客を接待させたとして、大阪・ミナミの繁華街にある人気コスプレバーが7月下旬、大阪府警に摘発された。セーラー服やメイド服といったコスプレをした女性従業員と昼間から明け方まで一緒にゲームやカラオケを楽しめると、常連客らでにぎわっていた。府警は、特定の客と長時間談笑すれば風営法の許可が必要な「接待」に当たるなどと店側を指導したが、従わなかったとして経営者の男(39)の逮捕に踏み切った。ミナミや日本橋界隈(かいわい)で同様のバーやメイドカフェなど計26店を経営し、〝サブカル飲食業界〟では有名な「やり手」だったという男。驕(おご)れる者は久しからず-。摘発後、男が手がけた多くの店は閉店や休業に追い込まれた。

誓約書サインも違法継続

 府警南署の捜査員は1月、インターネット上のサイバーパトロールをしている途中、ある店のホームページに目をとめた。大阪市中央区宗右衛門町のコスプレバー「カルテット」だった。

 「絶対に接待行為をしているはずだ」。ホームページで紹介された店のたたずまいや店内の様子などから、捜査員は違法状態がないか調べる必要性があると判断した。

 情報を集めると、同店ではコスプレをした女性従業員がカウンター越しに客と長時間談笑したり、客と一緒にカラオケを楽しんだりといった「接待」をしていることが把握できた。風営法上の接待行為が許されるのは、風俗営業の許可がある店だけ。許可のない同店は違法状態といえた。

 ただ、西日本一の歓楽街である大阪・ミナミで、こうした違法状態の店はざらにある。同署は翌2月、まず経営者の男を呼び出した。「今後は接待行為はさせない」とする誓約書へのサインを求めると、男は平然と署名して立ち去った。

 ところがその後、同店に立ち入り調査をしたところ、店の女性従業員たちは相変わらず接待行為をしていたという。そこで、同署は7月25日、店やグループ会社などを家宅捜索し、男の逮捕に踏み切った。

 逮捕後の調べに、男は「警察の立ち入り調査は何度か受けていた。誓約書を書けば捕まることまではないと思った」と話した。

日本橋中心に事業展開

 同店はアニメやゲームをテーマにしており、正午から翌朝5時まで、客がセーラー服やメイド服のコスプレをした女性従業員とゲームやカラオケを一緒に楽しむことができた。こうした店は最近「コンセプトバー」とも呼ばれ、マニアらの間で人気を集めていた。

 経営者の男は、大阪市浪速区のソフトウエア開発・販売会社「コスモメディア」の社長でもある。同社のホームページによると、男は高校卒業後に独立し、インターネット上で知り合った人と実際に会って交流する「オフ会」の場を提供しようと、倉庫を改装してネットカフェを始めた。

 その後、順調に事業を拡大し、平成19年からは飲食店やイベントを手がける「ナスカグループ」を設立。大阪・日本橋を中心にコンセプトバーやメイド服姿の女性従業員のいるマージャン荘、男装バーなど計26店舗を経営していた。

 日本橋界隈は、かつて日本有数の電気街「でんでんタウン」としてにぎわっていたが、近年はマニア向けの電子パーツショップやアニメ関連のグッズ、美少女フィギュアなどを扱う店が集まる街へと変貌した。中でも日本橋筋西通商店街は「オタロード」と呼ばれ、国内外から多くの観光客が訪れる人気スポットになっている。

 捜査関係者によると、実際、ナスカグループ各店の女性従業員もアニメに精通しており、コスプレ好きが多かった。店はいずれも繁盛しており、業界内では有名だった。

AKB48?人気ナンバーワン総選挙

 ナスカグループは、カルテットのような違法営業の店があったにもかかわらず、ホームページで各店舗の料金システムやスタッフの紹介に加え、「TV・雑誌などマスコミからの取材多数!」などと取材を受けた様子を掲載。人気アイドルグループ「AKB48」の総選挙をまねたのか、27年から3年連続で、26店舗の従業員総勢約350人の中から人気ナンバーワンを決める「ナスカグループ総選挙」なるイベントまで開催していた。

 大々的な宣伝は集客の効果があるだけでなく、違法行為に目を光らせる警察当局のターゲットにもなりやすい。男はなぜ、府警の指導を無視してまで違法営業を続けたのか。

 捜査幹部などによると、飲食店で従業員が客との談笑やカラオケといった接待行為を合法的にするには通常、風俗営業の許可が必要だが、許可店の営業時間は深夜0時までに規制される。各都道府県条例で定める特定の繁華街、大阪市内であれば、キタやミナミでは営業時間を延長することも可能だとしても、深夜1時には閉店しなくてはならない。

 男は調べに対し、「(接待行為を可能にする)許可を取る手続きが煩雑だった」と供述し、「接待しないと売り上げが上がらなかった」とも明かしたという。

 府警は男がカルテットが明け方まで長時間営業できるよう、あえて許可を取らなかったとみている。

「事業再編のため休業」

 アニメやゲームといったサブカルチャー好きに有名だったナスカグループの経営者が逮捕されたことで、インターネット掲示板などでは残念がる声や驚きの声が上がった。「もっと厳しく取り締まるべき店があるだろう」といった書き込みもあった。

 実際、今回の逮捕容疑は、女性従業員がカウンター越しに男性客と長時間談笑したり、ドリンクを出したりしたという内容だ。「ほかの店でもこれぐらいやっているのでは」と思う人も多いかもしれない。捜査関係者は「一罰百戒というか、見せしめみたいなところがあるのでは」と指摘した。

 現在、ナスカグループのホームページには「この度、事業の再編に伴って、当面の間店舗の営業をお休みさせていただくことになりました」という告知文が掲載されている。捜査幹部によると、グループ26店舗のうち、摘発されたカルテットは7月末で閉店し、残る店の大半も休業状態となっている。