藤井聡太四段、24日に公式戦でA級棋士と初対決…今後を占う重要な一局

将棋
藤井聡太四段(左)と豊島将之八段(日本将棋連盟提供)

 将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)がタイトル初挑戦を目指し、24日に棋王戦本戦の初戦でトップ棋士の豊島将之八段(27)と対戦する。豊島八段は名人戦順位戦の最上位A級に在籍。最多29連勝を達成した中学生がA級棋士と公式戦で戦うのは初めてで、今後を占う重要な一局となる。

 順位戦はA級からC級2組まで5クラスに分かれ、A級の優勝者が佐藤天彦名人(29)への挑戦権を得る。160人いる現役棋士の中でA級は羽生善治3冠(46)ら、わずか11人。“正真正銘”のトップといえる。

 豊島八段はプロ棋士を養成する奨励会時代から大器と呼ばれ、平成19年にプロ入り。タイトル獲得経験こそないが、これまで王座戦、王将戦、棋聖戦で挑戦者になっている。昨年は公式棋戦、JT日本シリーズで初優勝を果たした実力者だ。

 両者の対決が注目を集める中、日本将棋連盟常務理事の森下卓九段(51)は「藤井四段の力は現在、相当なレベルにある。勝負の行方は五分五分でしょう」と話す。

 藤井四段は昨年6月からコンピューターソフトを使った勉強を取り入れ、急速に強くなった。序盤、中盤は洗練され、詰め将棋で鍛えた鋭い終盤力は圧巻。ただ、これまでは四段や五段の棋士との対戦が多かった。今後、各棋戦で勝ち進めば、トップクラスとの対戦が増えてくるため中学生プロの真価が問われる。

 29年度中にタイトル挑戦、獲得の可能性があるのは棋王戦のみ。豊島八段を破れば、次に永世名人の資格を持つ森内俊之九段(46)との対戦が待っている。社会現象にもなった中学生が、どういう戦いを見せるのか。