なぜ?強盗被害者を逮捕した仰天捜査 金塊取引情報が漏れている…〝黒幕〟は誰だ

衝撃事件の核心
金塊を換金した直後の現金7千万円入りの紙袋を持った2人を3人組が襲撃した現場。3人組のうち2人は盗難ナンバープレートを付けたこの車で逃走した。後に府警は3人組に加え、被害に遭った2人も金塊密輸の関税法違反容疑で逮捕する異例の展開をたどった=4月28日午後1時14分、大阪市中央区(読者提供、一部画像処理しています)

 襲撃グループだけでなく、襲われた側も逮捕される異例の展開となった。大阪・ミナミの貴金属買い取り店前の路上で4月、現金7千万円を運んでいた男性2人が3人組の男に襲撃され、現金を奪われそうになる事件が発生した。大阪府警は7月上旬までに3人組を強盗致傷容疑で逮捕したが、捜査の過程で7千万円は直前に金塊を換金したものだったことが判明。府警は、この金塊を密輸したとして関税法違反容疑などで被害者だった男性2人も逮捕した。金塊絡みの事件は各地で発生しているが、被害者がピンポイントで狙われるケースが目立つことから、取引情報が事前に漏れていた可能性が高い。誰がどうやって情報を入手し、なぜ漏らすのか。府警は被害者も逮捕することで〝黒幕〟の解明を狙う。

ジュエリータウンで襲撃

 事件は4月28日昼過ぎ、大阪・ミナミの繁華街の中にあり、「西のジュエリータウン」とも呼ばれる大阪市中央区南船場の貴金属買い取り店前の路上で発生した。

 7千万円もの大金を紙袋に入れて運んでいた42歳と34歳の男性2人が突然、3人組の男に襲撃された。男性2人は顔に催涙スプレーを吹きかけられたり、顔を複数回殴られたりし、全治1カ月前後の重軽傷を負ったが、何とか大金を守りきった。

 3人組のうち2人は車で逃走したが、残る1人は男性2人ともみ合いになった際に負傷。病院に搬送された後、大阪府警に強盗致傷容疑で逮捕された。

 逮捕されたのは愛媛県新居浜市の自営業、阿部剛被告(26)=強盗致傷罪で起訴。防犯カメラ捜査などから、逃走した2人は阿部被告の兄、貞(31)と仙波烈王(れお)(22)の両容疑者と判明した。

 貞容疑者ら2人の行方は一時分からなくなっていたが、府警が7月5日に公開手配。2人は同月10日に愛媛県内の警察署に「家族や知人に迷惑がかかる」などとして出頭、同容疑で逮捕された。

非協力…不審な被害者

 通常、襲撃グループが全員逮捕されれば、事件は解決したといえる。ただ、この事件はそうではなかった。

 襲撃グループを捜査する過程で、襲われた男性2人が運んでいた7千万円は、直前に現場近くの貴金属買い取り店で、密輸された金塊を換金したものである疑いが浮上したからだ。

 府警は7月4日、金塊15キロ(約7千万円相当)をシンガポールから密輸したとして、関税法違反容疑などで、襲われたいずれも自営業の42歳と34歳の男性2人を逮捕した。

 「大金を奪われそうになり、けがまでしたのに被害者が全く捜査に協力的ではない」。捜査関係者は当初から、この2人に不信感を抱いていた。

 2人は被害者として府警から事情を聴かれた際、持っていた7千万円について「不動産取引のために持っていた」と説明したが、詳細は語らなかった。

 説明に違和感を覚えた府警は、現場周辺の防犯カメラなどを捜査。すると、2人は襲われる直前に貴金属買い取り店のすぐ近くで、別の人物に金塊が入った黒色のバッグを渡していた。その人物は買い取り店で金塊を換金し、店前にいた2人に金を渡していた。この直後、2人は3人組の男に襲われた。

 なぜ別の人物を介して金塊を換金したのかは不明だ。ただ、当初の2人の説明は明らかに虚偽だったことが分かった。判明した事実を突きつけると、2人は「大阪府内で金塊を受け取り、知らない男に換金してもらった」と説明を変遷させた。

 本当に2人に金塊を渡した人物は存在するのか。2人の足取りをさらに調べると、2人は襲われた4月28日午前9時過ぎ、シンガポールからの国際便で関西国際空港に到着。その後、電車に乗って大阪市内に移動し、さらにタクシーで数カ所に立ち寄りながら、現場にたどり着いていた。2人の渡航歴を調べると、これまでに数十回、2人とも同じ日程で海外に渡航していたことも分かった。

 府警は捜査の末、関西国際空港から、ミナミの貴金属買い取り店にたどり着くまでの間、第三者が2人に金塊を渡した形跡はないと判断。換金した金塊はシンガポールから密輸された可能性が高いとして、逮捕に踏み切ったのだ。

金塊事件相次ぐ最中に

 府警がここまで徹底的に捜査しているのは、この事件の発生時期、場所ともに偶然とは言い難い「一致」があったからだ。

 ミナミで事件が発生する8日前の4月20日、福岡市中央区天神で男性会社員が金塊を買い付けるために銀行から引き出したばかりの現金3億8400万円を強奪される事件が起きていた。さらに翌21日には、東京・銀座の路上で、自営業の男性が現金4千万円が入ったかばんを奪われる事件が発生したが、この現金は直前に金塊や反物などを売却したものだったという。

 全国各地で金塊絡みの事件が発生し、新聞やテレビを連日にぎわせていた最中に大阪・ミナミでも事件が起きたのだ。

 加えて、このミナミの貴金属買い取り店付近に限っても、大金が狙われる事件が起きたのは昨年3月以降で実に3回目だった。

 昨年3月下旬、この店で金塊12キロを換金した直後の約5700万円をトートバッグに入れて運んでいた同府岸和田市内の30代の男性が、トートバッグを奪われ、後に暴力団組員らが逮捕された。

 さらに、同年8月には、金塊の商談のためにこの店の前の路上で待ち合わせをしていた川崎市内の40代の男性が、バイクの2人組に金塊6本(約2800万円相当)が入ったキャリーバッグを盗まれた。

 たまたま狙った相手が大金を持っていた-。そんな偶然が続くのは不自然だ。何らかの形で金塊の取引情報が漏れ、ピンポイントで狙われている。そして、金塊取引という秘匿性の高い情報を集められるのは暴力団などの組織的関与がある可能性が高い。

 府警はこうした見立てのもと、事件を裏で手引きする〝黒幕〟の追及を続けているとみられる。

元組員の関与も明らかに

 組織的背景の一端は見えてきている。

 一時行方をくらませていた貞容疑者と仙波容疑者は現場から車で逃走していたが、愛媛県内で見つかった逃走車両に取り付けられていたナンバープレートが、岡山市内で盗まれたものだったことが判明した。

 岡山県警は7月13日までに、このナンバーを盗んだとして、窃盗容疑で元暴力団組員(35)ら3人を逮捕した。

 捜査関係者によると、小池容疑者は貞容疑者らと事件前後に連絡を取り合っており、大阪府警は小池容疑者が貞容疑者らの襲撃グループの指示役だった可能性が高いとみている。

 これまで逮捕された襲撃グループの3人も、金塊を密輸されたとされる2人も府警の調べに対し、容疑を否認するか黙秘をしており、事件についてほとんど語っていない。「組織的な背景があるのならば、真相を語ってしまえば命を狙われかねない」(捜査関係者)ため、取り調べへの姿勢が変わることはあまり期待できない。

 事件発生から約3カ月を経て、全容はいまだベールに包まれている。異例の「被害者」逮捕に加え、元暴力団組員の関与も明らかとなっており、捜査網は広がる一方だ。