初参戦の藤井四段が2連勝「夏休みで余裕ができた」 準決勝で竹内四段と対戦へ

棋聖戦予選(4)動画
西川慶二七段(左)に勝利し、感想戦をする藤井聡太四段=24日午後、大阪市福島区(安元雄太撮影)

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少棋士、藤井聡太四段(15)が24日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた棋聖戦(産経新聞社主催)の1次予選に初めて参戦。1回戦でベテランの西川慶二七段(55)を、2回戦で阪口悟五段(38)を破り、2連勝で準決勝進出を決めた。羽生善治棋聖(46)=王位・王座=への挑戦権獲得に向けて前進した。

 準決勝は竹内雄悟四段(29)と対戦する。

■藤井聡太四段の話「(15歳での初勝利に)21日は敗れてしまったので、今日は勝つことができてほっとしている。(夏休みに入って)余裕ができたので、有効に活用したい。読みの精度や、形勢判断がまだ足りないと思うので克服したい」