藤井四段、年の差41歳・西川七段と対局 棋聖戦予選、24日に大阪で

将棋
佐々木勇気五段に敗れ、連勝記録がストップした藤井聡太四段=7月2日、東京都の将棋会館(高橋朋彦撮影

 来年行われる産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第89期棋聖戦五番勝負」の1次予選で、公式戦29連勝の最多記録をもつ最年少棋士、藤井聡太四段(14)が西川慶二七段(55)と24日に関西将棋会館(大阪市福島区)で対局することが5日、決まった。

 1、2次予選をトーナメント方式で行い、勝ち上がった棋士とシード棋士の16人が本戦を戦って挑戦者を決める。来年6月から、タイトルをかけた棋聖との五番勝負が行われる。今期の棋聖戦は、羽生善治棋聖(46)に斎藤慎太郎七段(24)が挑んでいる。

 藤井四段は24日の対局で勝利すれば、同日中に阪口悟五段(38)と対戦する。

(藤井四段29連勝でストップ…YouTube動画 https://www.youtube.com/watch?v=xjs9G76nhDA )