天才・藤井四段の素顔、中学副校長が明かす 身を乗り出して授業集中、一方で「宿題なぜ…」

将棋
藤井四段

 将棋の連勝記録歴代1位の最年少プロ棋士で中学3年、藤井聡太四段(14)が通う名古屋大教育学部付属中・高校の原順子副校長が29日、名古屋市内で記者会見し、学校での普段の様子を話した。記録達成後に登校すると、クラスメートが拍手で迎えたという。

 対局が重なる中、学業と将棋を両立する多忙な生活を送る。授業を受ける姿勢は真剣そのもので、集中すると体を乗り出し、将棋を指す時と同様のしぐさを見せることも。補習の必要はなく、数学を教えている担任教師は「数学的なセンスが優れている」と評価しているという。

 学校ではいつも穏やかで、よく友人と笑い合っている。宿題を提出せず教師に「なぜやらないといけないのか」と疑問を投げ掛けたが、「授業の一環として、教えた内容を定着させるために出している」と諭されると納得し、ちゃんと提出するようになったという。

 藤井四段は26日、デビュー以来負けなしの29連勝を達成した。東京での対局が夜まで続いたため翌日は欠席、28日に登校し教室に入ると、クラスメートが一斉に拍手して「おめでとう」と声を掛けた。