今の気持ちを四字熟語で…「短い言葉では凝縮しきれない」

藤井聡太四段28連勝・会見詳報(4完)動画
澤田真吾六段に勝利し、28連勝となった藤井聡太四段。オリジナルの扇子と花束を手に笑顔を見せる=21日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(永田直也撮影)

 《20分あまり続いた藤井聡太四段の会見。自身のフィーバーぶりには、戸惑うような表情もみられた》

 --連勝する中で日本中が大騒ぎです

 藤井四段 注目していただけるというのは本当にありがたい。ただ、今自分がすべきことはもっと将棋が強くなること。一喜一憂せず日々がんばっていきたい。

 --28連勝の長い対局では苦しい対局があった。どのように平常心を保ったのか

 藤井四段 自分としては今まで通りやってきただけなので、具体的に何かという感じではないですね。

 --今日の気持ちを四字熟語で

 藤井四段 そうですね…。それだけの短い言葉で凝縮しきれない気持ちなので難しいかもしれません。

 --藤井四段の扇子とファイルが売り切れ状態。自分でも使っている?

 藤井四段 私自身が自分のを使うのは恥ずかしい。もっと将棋に興味をもっていただければ、私も冥利につきるかという感じです

https://www.youtube.com/watch?v=9-jaqTtnBOw

 --師匠である杉本昌隆七段はいっぱい持っているのでは

 杉本七段 扇子はどうしても手に入らず、藤井君のお母さんに頼んで1本譲ってもらった。ファイルは自分で使っていますし、扇子も藤井四段のを使っています。

 --28連勝の先、あこがれのタイトルへの思いは

 藤井四段 そうですね。まあ、ただタイトル獲得にはさらに棋力をつけることが必要なことには変わりないと思うので、まずは実力をつけるべくがんばりたいと思います。

 --なぜ強くなれたと

 《藤井四段が照れ笑いを浮かべると、その瞬間に何度もフラッシュが光る》 

 藤井四段 そうですね…。現状の自分の将棋に満足しているわけではないですし。自分で言うのも難しいですけど、将棋を始めたころから詰め将棋をよく解いてきたのは、いい影響だったと思います。

 《これが最後の質問となり、報道陣から、藤井四段と杉本七段の握手をしてのツーショット撮影の要望があり、照れながらも応じた。会見は20分余りで終了した》

          =終わり

▼【関連ニュース】羽生三冠「30年ぶり偉業…驚嘆の一語に…」