藤井四段に出前が届く 昼食はごま味噌でとじたうどん 澤田六段は持参

藤井四段・歴代最多に王手(4)動画
対局に臨む藤井聡太四段。この後、うどんを注文した=21日、大阪市福島区の関西将棋会館(門井聡撮影)

 将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)が公式戦28連勝をかけ、関西将棋会館(大阪市福島区)で21日午前10時に始まった王将戦予選。午前11時をまわって互いの駒がぶつかり合い、いよいよ本格的な戦いが始まった。

 藤井四段は時折、チョコレートのような包み紙のお菓子を口に入れながら対局。前屈みになりながら盤上を見つめた。

 昼食に藤井四段は「胡麻味噌(ごまみそ)とじうどん」を注文。澤田真吾六段(25)は、昼食を持参している模様だ。対局室とは別室で昼食をとる。正午から40分、昼休憩となる。