そろそろ昼食注文? 藤井四段、財布からお札取り出し職員に手渡し 今日は何を食べるのか そば、うどん、それとも丼…

藤井四段・歴代最多に王手(3)動画
駒を並べる藤井聡太四段=21日、大阪市福島区の関西将棋会館(門井聡撮影)

 将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)が公式戦28連勝をかけ、関西将棋会館(大阪市福島区)で21日午前10時に始まった王将戦予選。序盤、互いに角をとって交換し、それぞれが銀を歩の上に移動させた「角換わり腰掛け銀」の戦型になった。

 日本将棋連盟理事の井上慶太九段は「序盤はペースよく進んでいることが多い。お互いに時間を使い出すのは、中盤にさしかかる昼ごろからです」と話した。

 午前10時50分ごろ、昼食を注文するためか、藤井四段は財布からお札を取り出し、連盟職員に手渡した。

▼【関連ニュース】藤井四段の食べた「ごま味噌とじうどん」値段は、味は…「結構、辛かくて、そして…」