藤井四段、昼食はぶっかけそば 再開後、瀬川五段の攻めに手が止まり長考

将棋・動画
対戦を前にする藤井聡太四段。左は記録係の里見香奈女流五冠=15日午前、大阪市福島区の関西将棋会館(恵守乾撮影)

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が26連勝をかけて15日に臨んだ名人戦順位戦C級2組の対局。昼休憩をはさんで再開後、瀬川晶司五段(47)が攻め、藤井四段の手がピタッと止まった。中盤に入って早々の勝負どころ。藤井四段はじっくり時間を使い、応手を考えている。

 午前10時から大阪市福島区の関西将棋会館で始まった対局は速いペースで指し手が進み、昼の休憩までに41手まで進んだ。

 昼食は藤井四段がぶっかけそばといなりずしで、瀬川五段がパスタランチ(トマトソース)だった。

 午後0時40分に対局再開後、瀬川五段が7五に歩を突いて攻めると、藤井四段の手が止まった。控え室では、いろんな変化が検討されたが、「どう受けても形勢を損ない、藤井四段ピンチかも」の声があがる。淡路仁茂九段は「ここをしっかり受け止めれば、逆に藤井四段が一気呵成にということになるかもしれない。ここは考えどころだ」と話す。

https://www.youtube.com/watch?v=n9G-K42uo4k

 1時間以上をかける長考に入った藤井四段。どんな手を繰り出すか。

▼【関連ニュース】将棋めし、羽生棋聖は“裏メニュー”きつねうどん 意外な「おやつ」も…