“羽生超え”に「ここまで来たのは驚き」 藤井四段23連勝…「2局目は悪手連発」と反省も

将棋
デビュー以来の連勝を「23」に伸ばした藤井聡太四段=7日、大阪市福島区(鈴木健児撮影)

 将棋で五段以下のプロ棋士らが対象の「上州YAMADAチャレンジ杯」で7日、3連勝し、自身の持つデビュー後の公式戦連勝記録を「23」に更新した最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は、同日の対局後「反省点もあったが、結果的に3連勝となり、うれしい」と素直に喜びを語った。

 大阪市福島区の関西将棋会館で指された同杯はトーナメント制で、持ち時間各20分の早指し棋戦。藤井四段は午前10時からの1回戦で、谷川浩司九段の唯一の弟子、都成竜馬(となり・りょうま)四段(27)に危なげなく快勝。午後1時からの2回戦では阪口悟五段(38)と対戦し、苦しみながらも辛勝した。さらに、午後3時半から行われた3回戦でも宮本広志五段(31)に勝ち、ベスト8進出を決めた。

 藤井四段は「2局目では悪手を連発し、自分の実力なので、しっかり改善していきたい」と反省する一方、23連勝で羽生善治三冠(46)らを抜いて歴代単独3位となったことについて「ここまで来たのは驚きです。次の対局には気を引き締めて臨みたい」と語った。

 藤井四段の次回対局は10日。八大タイトルの叡王戦の段位別予選で梶浦宏孝四段(21)と対戦する。