吉野の「スギ」「ヒノキ」にカビやダニ抑制効果…比較実験で明らかに 奈良県

 

 最高級の建築材として知られる奈良・吉野のスギとヒノキ材には、他県産の木材よりもダニや大腸菌抑制効果が高いことが、奈良県が行った比較実験で分かった。「奈良の木」の効果が初めて科学的に実証された形で、県は保育施設や老人ホームなどでの使用を薦めるなど、PRに活用する。

 県は木の持つ健康効果に着目し昨年、専門機関に依頼して、カビ▽大腸菌▽ダニ▽インフルエンザウイルス▽紫外線-の5項目について調査。日本最古の人工林「吉野林業地域」の同県川上村で育った樹齢100年のスギ・ヒノキ材と、他県産の樹齢30~40年のスギ・ヒノキ材をそれぞれ板、木粉、精油に加工し、カビや細菌の生育・抑制状況を比較した。

 その結果、精油を混ぜた寒天培地にカビを植え付けると、県産スギ材は7日間、カビの生育を完全に阻止。他県産スギ材ではカビが生育した。一方、ヒノキ材は県産、他県産ともわずかにカビが生育した。大腸菌の実験でも、県産スギ材のみが生育を完全に阻止した。

 また、一般的なカーペットでは96%だったダニの侵入率も、県産スギ・ヒノキ精油を含んだ濾紙では0%に。紫外線は、いずれの木の板材もほぼ完全にシャットアウトしたという。一方、インフルエンザウイルスに木粉を混ぜた実験では、スギよりヒノキの方が感染力を弱める効果が高かった。

 県は「県産のスギやヒノキ材を建物の内装やまな板などに使うと、アレルギー疾患や食中毒を抑えられる可能性がある」と期待。ただ、なぜ奈良の木に優れた効果があるかは不明で、県は今後さらに比較実験を行うという。

 実験の検証に携わった京都大の金山公三教授(木材利用学)は、「研究が進んで奈良の木のメカニズムが解明されれば、将来的には『健康にいい木』の育て方にも踏み込めるだろう」と話している。