山口組最高幹部ら6人を逮捕 虚偽の会社登記申請容疑で兵庫県警

 

 虚偽の会社登記を申請したとして、兵庫県警暴力団対策課などは10日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で、いずれも指定暴力団山口組直系の「健心会」組長、江口健治容疑者(63)=大阪市浪速区塩草=と「朋友会」組長、高島伸佳容疑者(39)=同市西成区萩之茶屋=ら計6人を逮捕した。江口容疑者は山口組の執行部を構成する若頭補佐の一人。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は平成26年6月、現在の朋友会事務所を所在地とする土建会社を有限会社から株式会社に変更する際、会社の実体があるように装って株主総会の議事録を偽造するなどし、虚偽の申請書を大阪法務局に提出したとしている。

 県警によると、江口容疑者以外の5人は以前、山口組の直系組織だった「英(はなぶさ)組」に所属。同組組長が山口組から絶縁処分を受けた後、ナンバー2だった高島容疑者を代表取締役とする株式会社を設立。その後、朋友会が結成された。健心会は組長不在の英組を預かる立場だったことから、県警は江口容疑者が虚偽申請を指示した可能性があるとみている。