相次ぐiPhone大量盗難の謎 闇市場で高ニーズ!…通信停止措置とっても多発、犯行収まらず

衝撃事件の核心

 米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」が大量に盗まれる事件が相次いでいる。5月5日に和歌山市内の携帯電話販売店で100台以上が盗まれたのをはじめ、相前後して近隣府県でも同様の事件が発生。捜査当局は3月に発売された最新機種を狙った同一犯による犯行の可能性もあるとみて捜査している。過去にも新機種が発売されると窃盗が多発する傾向があった。盗まれた端末は通信会社により回線の利用停止措置がとられるため、通話やネット利用ができなくなるが、犯行が収まる気配はない。アイフォーン端末は世界的に人気があり、盗品が海外で中古品と偽って販売されたり、部品が転売されたりするケースもあるとみられ、背景にはこうした闇市場でのニーズの高さが指摘されている。

近畿で相次いだ犯行

 和歌山県警和歌山東署などによると、5月5日午前5時10分ごろ、和歌山市の携帯電話販売店「auショップ太田」で、後ろ向きに車が突っ込み、出入り口のガラスを割ってアイフォーンの最新機種など104台(約965万円相当)が盗まれた。複数の男による犯行とみられ、男らはそのまま逃走。県警は防犯カメラの映像を公開し、行方を追っている。

 この約1時間前にも同県海南市の販売店で、スマートフォン19台と現金約40万円が盗まれる事件があった。

 また、この日の前後にも近隣府県で同様の事件が相次ぎ、大阪府枚方市山田池東町のauショップ枚方長尾店でアイフォーン17台とiPad(アイパッド)6台の計23台(230万円相当)が、奈良県桜井市内でアイフォーン29台(303万円相当)が盗まれた。

 このほか、商品の被害はなかったが、出入り口のガラスが割られるなどした店舗もあった。

 これらはいずれも営業時間外の犯行だった。アイフォーンは3月末に最新機種が発売されたばかりで、捜査当局は新機種を狙った同一グループによる犯行の可能性もあるとみている。

盗品の流通阻止へ

 アイフォーンの窃盗事件はこれまでも最新機種の販売開始に合わせるように起きている。「iPhone5」が発売された平成24年には、大阪府内や神戸市、滋賀県草津市で計約225台が盗まれた。

 KDDI(au)広報部によると、全国の店舗では、店内に防犯カメラを設置する▽警備会社と契約する▽端末を施錠キャビネットに保管する-などの防犯対策をとっている。しかし、和歌山市のauショップが襲われた5月の事件は数分間の犯行だったため、警備スタッフが到着するまでに犯人に逃げられたという。

 KDDIは端末機器が窃盗被害に遭った場合、商品の製造番号をもとに回線につなげられなくする利用停止措置をとっている。こうすると、電源は入るが、通話やインターネットへの接続ができなくなる。5月に和歌山市内で盗まれた端末も、その日のうちに利用停止措置がとられたという。

 使用する携帯が置き忘れや盗難に遭った場合、悪用を防ぐための停止手続きと同じシステムで、国内外での利用を止められるという。こうしたシステムは、NTTドコモやソフトバンクでも整備されている。

なぜ窃盗が繰り返される?

 盗んでも通信機能は使えず携帯としての商品価値はないも同然なのに、なぜ窃盗事件は続くのか。関係者などによると、盗品の闇の販売ルートがあり、犯行グループは中古品と偽って転売している可能性があるという。利用者の側は使えない携帯を普通の中古品と思って購入してしまうというわけだ。

中古品は警戒を

 アイフォーンの中古市場では、電話番号・契約情報が記録されていない「白ロム」と呼ばれる未契約端末が人気を集めている。しかし、最新機種の販売直後に白ロムとして大量の端末が売られていた場合、盗品の可能性もあるという。

 こうした盗品の端末は、携帯販売会社による利用停止措置で使えず、白ロムに対して「赤ロム」と呼ばれる。電源は入るが、接続や通話などの機能が使えない端末だが、購入時には赤ロムとは分からず、だまされて買ってしまうケースも多いという。

 関係者によると、盗品は闇販売ルートなどを通じ海外へ不正輸出されたりするほか、国内でもオークションに出品されたり、ネット販売されたりするケースがあるという。

闇ルートで高い価値

 特にアイフォーンは世界的なブランド力で国内外を問わず根強い人気を誇り、高値で売りさばくことができるため狙われるようだ。

 宝石店も窃盗被害は多いが、宝石だと転売される場合、「証書」がなければ高価なものでも1、2万円程度にたたかれるケースが多いとされる。一方、アイフォーンはその知名度や固有のデザインから、中古市場でも高価格で売りさばきやすいという。

 関係者によると、このほか、犯行グループは、端末を分解しアップルの純正部品の転売を狙った可能性もあるという。

 被害が相次ぐアイフォーンだが、購入する側も特に中古品などの場合、信用できる商品かどうか注意する必要がありそうだ。