「お前死ね、殺すぞ」深夜の連続コールにヘルパーブチ切れ 〝修羅場〟の認知症介護 慢性的な人手不足の実態

衝撃事件の核心
慢性的な人手不足に陥っている過酷な高齢者介護現場。認知症の入所者が鳴らし続ける意図不明のナースコールにヘルパーのいらだちが頂点に達し、トラブルに発展するケースも少なくない

 「もっかい殴られたいんか、お前」「なんぼでも来い」。人手不足が常態化する夜間の特別養護老人ホームで、ヘルパーと認知症の入所者との修羅場の一部始終を録音データがとらえていた。大阪市内の特養で男性ヘルパーから「殺すぞ」と言われたり殴られたりしたとして、元入所者の男性(77)が損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は7月、特養側に慰謝料60万円の支払いを命じる判決を言い渡した。地裁は原告側が提出したICレコーダーの音源をもとに暴行・暴言を認定したが、介護施設の過酷な実態を理由に高額賠償は避けた。超高齢化社会の日本で今、介護現場はどうなっているのか。録音には度重なるナースコールにいらだつヘルパーのこんな叫びも残っていた。「鳴らさんといて。頼むから」

ICレコーダーでひそかに録音

 男性「もう8時過ぎとるやん」

 ヘルパー「忙しいねん。○○さん(男性)だけじゃないねん、薬いるのん」

 男性「偉そうな…」

 ヘルパー「お前が偉そうに言うな、黙っとけ。(中略)早よせい。早よ開けろ、口」

 男性「うわー、うわー。何でこんなんなんねん」

 大阪市内の特養で平成21年8月31日夜、ヘルパーの男と入所者の認知症男性の間で繰り広げられたやりとりだ。男性の次男(41)が個室のベッドの近くにICレコーダーを置き、ひそかに録音していた。

 ヘルパーは薬を飲む時間が遅れたことに抗議されていらだち、男性の口に無理やり薬を押し込んだ。男性がむせたことでパジャマに水がこぼれたが、ヘルパーはそのまま別の入所者のもとへ向かった。

 男性はその後、10分間に計7回、立て続けにナースコールを鳴らした。ヘルパーはコールで呼び出されるたびに部屋に入ったが、男性が何を望んでいるのかは判然としなかった。

 「何ですか。僕しかいてないんです」「用ないねんから鳴らさんといて。困らせんといて」

 何度コールをしないよう懇願しても、1分もしないうちに次のコールが響く。ヘルパーは次第にいらだちを募らせ、インターホン越しに激しい言葉を浴びせかけるようになった。

 《ナースコール作動》

 ヘルパー「何ですか、何ですか、何ですか」

 男性「わかるやろ」

 《ナースコール作動》

 ヘルパー「なんじゃ、こら。もっかい殴られたいんか、お前、おい」

 男性「なんぼでも来い」 ヘルパー「おう、行ったるわ。ほんなら待っとけ」

 《ナースコール作動》

 ヘルパー「何言ってきてるねん。お前死ね、殺すぞ」

 男性「やってみ」

 最終的にヘルパーのいらだちは頂点に達した。男性の胸ぐらをつかみ、パジャマが破れるのも気にせず言い放った。

 「早よ起きろや、こら。しばきまわすぞ、お前」

 男性はこのトラブルでヘルパーに殴られるなどしたとみられ負傷した。録音翌日にレコーダーを回収した次男が問題を把握し、間もなく大阪府内の別の施設に移った。今は認知症も進み、介護の必要度が最も高い「要介護5」の認定を受けているという。

同情的判決…「懲罰」避ける

 男性が特養に入所したのは19年9月。15年に脳幹部大動脈瘤(りゅう)を発症して手術を受けたが、右半身のマヒや嚥下(えんげ)障害の後遺障害が残り、認知症の症状も出始めた。在宅介護やリハビリの末、通院先から紹介されたのがこの特養だった。

 入所から2年がたったころ、次男のもとに、特養側から男性がヘルパーを暴行するとの苦情が寄せられるようになった。男性は次男に「ヘルパーに殴られた」と反論した。どちらの言い分が正しいのか。次男は迷った末、真相を確かめようと個室にICレコーダーを置いたのだ。

 録音を聞き、ヘルパーから暴行を受けていると確信した次男は特養に抗議し、大阪府警に被害届を提出。ヘルパーは22年1月に辞職し、同年4月には脅迫罪で罰金刑を受けた。大阪市も特養に調査に入り、虐待があったとして再発防止策を提出させた。

 しかし、特養側は男性側に謝罪する一方、ヘルパーによる暴行は一切認めなかった。納得できない次男と男性は昨年、特養の運営法人に慰謝料300万円の支払いを求める訴訟を大阪地裁に起こし、ICレコーダーを証拠提出した。

 地裁は今年7月の判決で、音源をもとにヘルパーが暴言を吐いたり、パジャマを破る暴行を働いたりしたと認定。「介護の範囲を逸脱した違法行為で、運営法人には使用者責任がある」として法人に慰謝料60万円の支払いを命じ、確定した。

 次男は判決後の記者会見で「認知症のために父が法廷で証言できない中、ICレコーダーの音源だけでここまで戦うことができた。身辺録音は高齢者虐待の抑止力になる」と話した。

 ただ、判決は「男性はナースコールを控えてほしいと要請されながら、必ずしも緊急事項とはいえない苦情を繰り返した」とし、いらだちのあまり突発的に感情を爆発させたヘルパーに一定の“同情”を示した。さらに「慢性的な人手不足から、身体的にも精神的にも過酷な介護の現場の実情を考えると、懲罰的な慰謝料を算定するのは相当でない」とも言及した。

過酷労働、求人集まらず

 判決も指摘したように、トラブルの背景には介護職員の人手不足がある。

 介護保険制度が創設された平成12年度に約55万人だった介護職員は、25年度には約171万人に増えた。

ただ、団塊の世代が75歳以上となる37年度には約253万人の介護職員が必要になると国は試算しており、現状の増員ペースのままでは38万人もの人手が不足する恐れがあるという。

 そもそも、重労働の割に賃金が安いとされる介護現場の人材確保は、現在すでに厳しい状況にある。厚生労働省によると、今年6月現在の有効求人倍率は、全職業の平均が0・99倍だったのに対し、介護職は2・42倍。職業全体としては1人を募集すれば1人が集まる計算だが、介護に限っては2人の募集に1人も集まらない計算だ。こうした事態に対応するため、昨年6月に成立した地域医療・介護推進法では、特養への入居制限をかける対策まで打ち出された。

 トラブルの舞台となった特養がどのような夜間勤務態勢をとっていたのかは不明だが、音源には、罰金刑となったヘルパーとは別の女性ヘルパーが、コールを鳴らし続ける男性をいさめる場面も残されている。

 《ナースコール作動》

 女性ヘルパー「もう、いいって。それ押さんでも。他の人の介護してるから押さんといて」

 男性「…介護してくれへん」

 女性ヘルパー「してるやん(中略)もう、私の仕事を邪魔せんといて。他の人の生活守るのが私の仕事なんや」

 今回の訴訟は、高齢者一人一人を丁寧にケアする理想の介護とは程遠い現実を浮き彫りにした。関係者からは「入居者、ヘルパーの両方とも気の毒だ」との声も聞こえる。