PR

特集

あのころのニッポン 戦後19年目のオリンピック

開催決定からわずか4年で成功に漕ぎ着けた1964年東京五輪。当時世界が目撃した“復興”日本の姿をアーカイブ画像で追想。

東京五輪開幕まで1年

決勝戦で惜敗も「精神的な成長感じる」と母親 渡名喜のリベンジは五輪本番で

東京パラ、2回目行う初の都市

パラあと1年、東京都内で式典 メダル、聖火リレーユニホーム発表

聖火リレー

パラあと1年、東京都内で式典 メダル、聖火リレーユニホーム発表

五輪チケット

「勝利に向かう熱さ感じて」パラチケット抽選申し込み開始

東京2020

韓国オリンピック委が福島産食材に懸念 関連会合で質問 

東京五輪は「酷暑」をどう克服するのか

「サマータイム」や「暑さ指数」予測も導入。今夏の記録的な暑さを受け、熱中症対策には抜本的な運営の見直しが迫られている。

池江璃花子

【泳ぎそして想う】夏の戦い終わり、気持ち一つに東京へ 競泳ヘッドコーチ・平井伯昌

オリパラ奮闘記

【オリパラ奮闘記】チケット申込み ワクワク

マスコットは「温故知新」がテーマ

2018年2月、東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが決定。7月には名前も決定した。

聖火リレーは福島スタート 全国を121日かけて

聖火リレーは福島県を出発地として2020年3月26日にスタートすることが決定した。その後、47都道府県を通過する。

有力選手が多数 期待の追加種目

東京五輪には、追加種目として5競技18種目が導入される。世界的にも人気が高いサーフィン、スケートボード、スポーツクライミングには有力選手も多く、活躍が期待されている。

あと2年 自国開催に大きな“強み”

東京五輪開幕まで2年。JOCが掲げる目標は「金メダル30個」。主役であるアスリートは日々研鑽を積んでいる。

大会まで2年 建設中の競技場、進捗状況は?

東京五輪・パラリンピックを2年後に控え、東京都が2018年7月、建設中の競技会場や選手村を報道陣に公開した。

1964年東京のいまを歩く

三島由紀夫の取材ノート、手書きのマラソンコース図…。国を挙げて世界の信頼に応えた1964年大会の足跡をたどる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ