PR

特集

あのころのニッポン 戦後19年目のオリンピック

開催決定からわずか4年で成功に漕ぎ着けた1964年東京五輪。当時世界が目撃した“復興”日本の姿をアーカイブ画像で追想。

東京五輪開幕まで1年

竹田氏が中東で会議出席へ 東京五輪招致疑惑で捜査対象

東京2020

【東京への「切り札」(7)】切れ味は日本刀、美しき内股 柔道・丸山城志郎

五輪チケット

「最高635万円」富裕層向け五輪チケット、抽選に急遽変更 12日まで受け付け

東京パラ、2回目行う初の都市

オリパラ選手村用無人自動運転車、車いす4台も楽々の広々空間 トヨタ「イーパレット」実車公表

聖火リレー

旧聖火台、60年ぶり古里で点火 埼玉県川口市で記念式典

東京五輪は「酷暑」をどう克服するのか

「サマータイム」や「暑さ指数」予測も導入。今夏の記録的な暑さを受け、熱中症対策には抜本的な運営の見直しが迫られている。

池江璃花子

【泳ぎそして想う】夏の戦い終わり、気持ち一つに東京へ 競泳ヘッドコーチ・平井伯昌

オリパラ奮闘記

【オリパラ奮闘記】チケット申込み ワクワク

マスコットは「温故知新」がテーマ

2018年2月、東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが決定。7月には名前も決定した。

聖火リレーは福島スタート 全国を121日かけて

聖火リレーは福島県を出発地として2020年3月26日にスタートすることが決定した。その後、47都道府県を通過する。

1964年東京のいまを歩く

三島由紀夫の取材ノート、手書きのマラソンコース図…。国を挙げて世界の信頼に応えた1964年大会の足跡をたどる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ