PR

聖火ランナー

無色透明 水素の炎を太陽色に すべて手作りの水素トーチ(下)

無色透明 水素の炎を太陽色に すべて手作りの水素トーチ(下)

 それでも開発初期の段階では、トーチを持っていられないほど冷たくなり、燃焼の持続時間は、1人の聖火ランナーに必要な7分半に届かない5分ほどしかなかった。炎が小さくて熱が十分高まらず、容器が冷える悪循環も治らない。何より炎の小ささは、沿道で声援を送る人へのアピール力に欠けてしまう。

特集リスト

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ