PR

東京五輪 東京五輪

五輪に選手派遣を 参院自民が在京大使館を訪問

ホルヘ・トレド駐日スペイン大使(中央)に選手派遣を促す手紙を渡す自民党の参院議員=19日午前、東京・六本木のスペイン大使館
ホルヘ・トレド駐日スペイン大使(中央)に選手派遣を促す手紙を渡す自民党の参院議員=19日午前、東京・六本木のスペイン大使館

 新型コロナウイルス禍での開催となる東京五輪・パラリンピックに向け、若手議員を中心とした参院自民党が在京大使館を訪問して選手派遣を促す手紙を届けるなど、独自の取り組みを行っている。選手数が多い国を中心に回っており、東京大会の成功を後押ししたい考えだ。

 「安全な環境の下で選手が練習に励み、万全なパフォーマンスで最高の活躍をしてもらえるように準備していきたい」

 東京・六本木のスペイン大使館でホルヘ・トレド駐日スペイン大使に手紙を手渡した吉川有美女性局長は、こう強調した。

 手紙は関口昌一参院議員会長と世耕弘成参院幹事長の連名で英語で書かれ、選手派遣を促しているほか、外国人客に代わり日本人が海外選手を応援するといったメッセージも盛り込まれている。

 世耕氏は19日の記者会見で、同日時点で約20カ国の大使館を訪問したと説明。大使館側から「『ホストタウンとの移動はどうなるのか』など具体的な質問が寄せられている」と語り、寄せられた意見を来週中にまとめ、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会などに届ける考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ