PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪海外客 IOC、見送り方針を容認

コーツ調整委員長(AP)
コーツ調整委員長(AP)

 東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長は11日、オンラインで開かれたIOC総会で、海外からの観客受け入れについて「日本政府のいかなる決定も、安全第一であることを前提に支持する」とした上で「緊急性の高い議論であり、来週中に解決しなければいけない」と述べた。

 日本政府は国内世論への配慮などから、海外からの一般観客の受け入れを見送る方針を固めており、この方針が事実上、容認された格好だ。

 総会では大会組織委員会も準備状況を報告。東京都内で取材に応じた組織委の橋本聖子会長は、海外からの観客について「現在も関係者間で協議が続いており、結論が出たものではない」とし、25日の聖火リレースタート前に改めてIOCを含む5者で協議し、最終判断する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ