PR

東京五輪 東京五輪

世界反ドーピング機関、ワクチン接種を強く推奨 選手に向け文書

 世界反ドーピング機関(WADA)は23日、新型コロナウイルスに関して選手向けに公表した文書で「自身や周囲、一般の人々のためにワクチン接種を強く推奨する」との見解を示した。ワクチンはドーピング違反になる物質は含まれていないと説明した。

 国際オリンピック委員会(IOC)は東京五輪に参加する選手や関係者に対し、ワクチンは参加の条件にしないものの、広く普及した場合は接種するよう推奨。イスラエルやハンガリー、セルビアでは既に選手の接種が始まった。大会組織委員会は「ワクチンがなくても開催できるよう対策を講じる」との立場を取っている。

 WADAは、接種により発熱や注射した部位の痛みなど一時的な反応が出る可能性は示したが、「これまでに承認されたワクチンが持続的なパフォーマンスの低下を引き起こすという証拠はない」と強調した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ