PR

東京五輪 東京五輪

島根県知事、聖火リレー中止を検討

聖火リレーの中止の検討について会見で説明する島根県の丸山達也知事=17日午後、松江市の島根県庁
聖火リレーの中止の検討について会見で説明する島根県の丸山達也知事=17日午後、松江市の島根県庁
その他の写真を見る(1/2枚)

 島根県の丸山達也知事は17日、松江市で開かれた県の聖火リレー実行委員会に出席し、県内で5月に実施予定の東京五輪の聖火リレーについて、中止を検討すると表明した。政府と東京都の新型コロナウイルスの感染対策を問題視し、改善を促すのが狙い。

 丸山知事は「今のような感染状況が続くようでは感染リスクの高い東京五輪のプレイベントにあたる聖火リレーに島根県の財源と人員をあてることはできない」と強調。一方で「今の時点で中止をお願いするわけではない。状況の推移を見て改善するかどうかであらためて判断したい」とした。

 また、参加を予定している県内のランナーには「五輪によって苦しむ可能性がある県民がいる。それを回避するためにも理解をいただきたい」と述べた。

 また、丸山知事は緊急事態宣言が出ている10都府県と、島根県などの感染者が少ない地域とで国の支援に差があることに触れ、「影響は全国に及んでいるのに著しく不公平な対応だ」と批判した。

 丸山知事はこれに先立つ今月10日の定例会見で、東京五輪について「開催してもらっては困る。資格がない」と述べ、改善が見られなければ開催すべきでないとの考えを示していた。

 聖火リレーは3月25日に福島県をスタートし、島根県は5月15、16の両日に予定されている。県は警備費用などを予算化していて、県の判断で事実上ストップが可能という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ