PR

東京五輪 東京五輪

川淵氏「ベスト尽くす」 森会長からの要請受諾…無観客には否定的

自宅前で記者の取材に答える川淵三郎氏=11日午後、千葉市
自宅前で記者の取材に答える川淵三郎氏=11日午後、千葉市

 日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)が11日、千葉市内で取材に応じ、女性蔑視発言で辞意を固めた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後任を引き受ける意向を明かし「残る人生のベストを尽くしたい。(五輪、パラを)何としても開催できるように持っていくのが一番大きな使命だ」と述べた。

 10日に森会長サイドから連絡が入り、この日に会談して就任を要請されたという。家族からは反対されたが「とても断る状況でなかった。名誉なこと。森さんのご尽力を無にしないためにも引き受けて、何とか力になれれば」と話した。

 五輪については「科学的な根拠に基づいて開催したいと、国民に理解してもらうことが大事。一番大きな課題として携わっていかないと」と強調。プロ野球などが観客を入れて開催されてきたことを踏まえ「五輪を観戦させないのは納得いかない。強力に言うつもりだ」と、無観客での実施に否定的な考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ