PR

東京五輪 東京五輪

橋本五輪相「女性の立場でもメッセージ発信する大会に」 森会長と会談

衆院予算委員会でJOC森喜朗会長の失言について答弁する橋本聖子五輪担当相・女性活躍担当相=4日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会でJOC森喜朗会長の失言について答弁する橋本聖子五輪担当相・女性活躍担当相=4日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視とも取れる発言をした問題で、橋本聖子五輪相は4日、森会長と会談し、男女共同参画や五輪憲章の観点から「あってはならないこと。女性の立場にもしっかり立ちながら、世界に向けてメッセージを発信する大会にしていくことが必要だ」と伝えたことを明らかにした。森会長からは「大変、申し訳なかった。東京大会に向けて最後まで努力していきたい」と返答があったという。

 橋本五輪相は菅首相の指示を受けて森会長と会談。「組織委会長は責任ある立場。国際社会においても理解をいただけるよう努力していかないといけない」と指摘し、森氏が会長職にふさわしいかについては「組織委が決めること。政府は決まったことをサポートしていく」とした。

 また、「大会組織委からIOC(国際オリンピック委員会)に謝罪し、理解いただいたと承知している」とも話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ