PR

東京五輪 東京五輪

舌禍の森会長「老害、邪魔なら掃いてもらえば…」 会見一問一答

日本オリンピック委員会臨時評議員会での女性理事を巡る発言について取材に応じる東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長。自身の発言を撤回、謝罪した=4日午後、東京都中央区
日本オリンピック委員会臨時評議員会での女性理事を巡る発言について取材に応じる東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長。自身の発言を撤回、謝罪した=4日午後、東京都中央区

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は4日、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」と発言した問題について東京都内で報道陣の取材に応じ、「不適切な表現だった」と謝罪し発言を撤回した。主な一問一答は次の通り。

 --JOC評議員会(3日)での発言をどう説明するのか

 「JOC(日本オリンピック委員会)の山下(泰裕)会長が人事改革に苦労している。(競技団体に健全運営を促す国の指針の)ガバナンスコードについて、あまり(女性比率の)数字にこだわると運営が難しくなることもあり、理事会の話を引用して、ああいう発言になった」

 「(男女問わず)どなたが選ばれたっていい。あまり数字にこだわって、無理なことはなさらない方がいいということを言いたかった」

 --国内外からの批判を受け、辞任は考えたか

 「辞任の考えはありません。私は一生懸命お手伝いをして7年間やってきた。皆さんから邪魔だといわれれば老害、粗大ゴミになったのかもしれませんから、掃いてもらえばいいんじゃないですか」

 --女性登用は多様性のある社会を求めているのではなく、文科省がうるさいからという認識なのか

 「そういう認識ではありません。数字にこだわって、何名までにしなければいけないというのは、一つの標準でしょうが、あまりこだわって、無理なことはなさらん方がいいということを言いたかった」

 --森会長の直近の発言を理由に、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(あつし)さんが聖火ランナーを辞退した

 「われわれは各県の実行委員会にお願いをしている。基本的には密を避けてやってほしいと。例えば人気のあるタレントは人がたくさん集まる。密をどう避けるかという話の例で田んぼを走るしかないねと、そういう意見を紹介しただけ。私は走ってくださいとも、走ってくださるなとも言える立場ではありません」

 --組織委員会会長は適任か

 「あなたはどう思いますか。責任は問われないとは言っていません」

 --女性は発言を控える立場という認識なのか

 「そういう意味ではない。場所とか時間、テーマとかに合わせて話をすることが大事。私も含めてと言ったじゃないですか」

 --今回の発言で多くの人が怒っている

 「謙虚に受け止めております。だから撤回をさせて頂きますと言っているんです」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ