PR

東京五輪 東京五輪

新型コロナワクチン、外国人選手に来日前接種 IOC会長が意向示す

東京都庁で会談前に写真撮影に応じる小池百合子都知事(右)とIOCのバッハ会長=16日午後、東京都新宿区(鴨川一也撮影)
東京都庁で会談前に写真撮影に応じる小池百合子都知事(右)とIOCのバッハ会長=16日午後、東京都新宿区(鴨川一也撮影)

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は16日、東京都の小池百合子知事と都庁で会談した。新型コロナウイルス感染拡大で来年に延期された東京五輪・パラリンピックの安全な開催に向け、準備を連携して進めることを確認。バッハ会長は大会前に新型コロナウイルスのワクチンが開発された場合、多くの外国人選手に来日前に接種してもらうよう取り組む意向を示した。

 小池知事は「新型コロナウイルス対策に東京都、また日本として最大限の努力を重ねており、安心安全な大会として世界からアスリートをはじめとする皆さんをお迎えできるよう努めている」と強調。「未来への希望をともす祭典として成功する、この強いメッセージをすべての方々に発信したい」と決意を述べた。

 バッハ会長も連携して新型コロナウイルス対策に取り組む意向を示し、「ワクチンが開発され、提供されるようになったら、IOCとして、なるべく多くの外国人選手たちが予防接種を受けた上で日本に渡航するための最大限の努力をする」などと語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ